過去に浮気をしたことのある男性はまた浮気を繰り返す傾向

とくに若い頃って、パンツを脱ぐことをめぐって、男女で明け方まで押し問答することがありますよね。ないですか?

なんとなく流れで彼とラブホに入った……でもハダカになるのが恥ずかしいし、彼のことが嫌いではないけど、ハダカを見せるほど好きというわけでもないし、なによりハダカになるのが恥ずかしい、でもエッチなことに興味がある……そんなこんなで、彼が彼女のパンツを脱がせようとしたら、全力で彼の手をつかんで拒否する女子。
彼とラブホに入ったでもハダカになるのが恥ずかしい女性

■いずれ乳首もアソコも見せるわけっしょ?

この、女子が言う「恥ずかしい」に対して、男子はごくシンプルに「いずれハダカになって、アソコもそこも全部おれに見せるわけだから、今ハダカになっても同じじゃないか」と思っていたりします。「おれに」なのか「ほかの男子に」なのか知りませんが、たとえばこう思う男子がいます。

たしかに、誰かの前で、いずれハダカになる話です。であれば今でしょ?(おれでしょ?) というのが、男子の考え方。

あるいは「なぜ恥ずかしいと感じているのか、その理由がまったくわからない」と悩む男子もいます。とくに、彼女だってエッチなことに興味があると知っている彼は、彼女が言う「恥ずかしい」を聞いて、「なにが恥ずかしいのだろう? だって彼女は女友達とエッチな話をしていると、昨日言っていたしな」と、たとえばこう思うわけです。

■まだある男子のホンネ

はたまた、恥ずかしいだのなんだのと押し問答したすえに、実際に彼女とエッチできた男子の話を聞いたことのある彼は、「彼女が言う『恥ずかしい』に負けてエッチにたどり着けなかった自分」を責めまくります。

たとえば「おれはなんて勇気のない男なのだろう、もう少し強引にしておけば……たとえば彼女がパンツを脱がないのであれば、おれが強引に彼女のパンツを2センチばかりずらしてハメるという方法もあったしな」と。

「パンツを脱いでくれない彼女のおっぱいから攻めていれば、もしかしたら彼女は気持ちよくなって自分からパンツを脱いでくれたのではないか。なぜこういう知恵が現場で湧いてこなかったのだろう。おれってバカバカ」とか。

■アナルがいくつあっても足りないのではないか

女子が言う「恥ずかしい」の真意がまったくわからない男性
男子って、女子が言う「恥ずかしい」の真意がまったくわからない生き物なのかもしれません。本当に100%恥ずかしいだけなのか、彼のことは好きだけどエッチするほどは好きになれていないゆえの「恥ずかしい」なのか。

あるいは「恥ずかしい」と言って恥じらう姿を見せたら、彼にかわいい女子と思ってもらえるかもしれないと思って、ポーズとして言っているのか、まったく判断できない生き物。これが男子ではないでしょうか。

恋愛ハウツーに「女子は恥じらいを見せるとモテる」とありますが、これはある意味では正解だし、ある意味では大間違いでしょう。パンツを脱がせたがる彼に「恥ずかしい」と言いまくって、力づくでパンツを脱がせないようにしていたある女子は、結局、アソコではなくアナルに彼のものを入れられて、「それが初体験だった。翌朝トイレに行くのが怖かった」と、ケロッとした顔で笑いながら言いました。「したい」という欲望と恥じらいが、ヘンなところでバランスをとってしまった好例。

女子の「恥ずかしい」には、かくもいろんなドラマがついてきます。したいのなら、みずからの気持ちに正直になってヤッテしまわないと、アナルがいくつあっても足りないのではないかと思います。(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから