彼がうまいエッチのしかたを覚えたら攻守交替すればいい

「彼と手を繋ぐのも、身体を寄せるのも、ハグもキスもぜんぶ、わたしが彼をリードしていて、彼は一切わたしのことをリードしてくれません。この先もわたしがリードしなきゃいけないとなるとつらいです。わたしはドMで、彼にリードしてもらいたいし、言葉責めに弱いのです。が、彼氏もM系のようなので、どうしようかと考えてしまいます。じぶんからこうしてほしいと言うのも本当は恥ずかしいし、わたしだけ性欲が強いように思われて嫌なのです」

今回はこのご相談にお答えしたいと思います。

わたしはドMで、彼にリードしてもらいたい

■じつは攻めるのもうまかったりするから

彼がうまいエッチのしかたを覚えたら攻守交替すればいい
ドMの人が、ある日ドSに目覚めることがあります。ぼくの経験としてこう書くわけではなく、そういうことがあったと言っていた女子が何人かいたということです。なので、もしかすればあなたも、ある日Sに目覚めて、彼のことをリードし、調教することに快感を覚えるかもしれません。そうはならないかもしれません。

思うんですが、Sの人はMもうまいし、Mの人はSもうまいのではないかと思います。つまり「SでもMでもどっちでもない、超ノーマルなことしかしない人」というのがゼロ地点にいます。そのゼロ地点の左をSとします。右をMとします(左右逆でもいいんですが)。この左右に振り子が振れる振れ幅。これがエロの好奇心であり、すなわちエロさでないでしょうか? まれに「わたしはドMだから攻めてくれないとイヤだ」と言う女子であっても、じつは攻めるのもうまかったりするからです。

■真正(しんせい)のドS男はイクときに「ごめん」とは言わない

そもそもどのような行為がSで、どのような行為がMなのか、あなたは考えたことがありますか? たとえばドSの彼氏が「おれのチ●コを、口いっぱいに頬張れ」と言って、ドMの彼女が大喜びで咥えたとします。これだけ読むと、ドSの彼氏とドMの彼女のプレイに過ぎないと思うでしょうが、実際には彼は、「ドM的にフェラされる快感を味わっている」わけです。快感に身震いしつつ、イクのを遅らせるべくなにかを考えているかもしれない。これって精神的マゾですよね?

ホントのサドなら「おら、咥えろ」からはじまって「おら、イクぞ」で終わるだけでしょ? で、ふつうはそこまで激しいドSの彼氏というのも少なくて、多くの男子は女子がMっぽいのを知っているから、Sのふりをして「おら、咥えろ」からはじまったとしても、彼女に内緒で精神的ドMの快感をひそかに味わって、やがて「ごめん、イキそう」と言うわけでしょ? 真正のドS男はイクときに「ごめん」とは言わないはずです。

■SもMも大切なのはイマジネーション

うまいエッチのしかたを覚えたら攻守交替すればいい

ということで、どのような行為がSで、どのような行為がMなのか、判然としないことがほかにもあるはずです。つまりかなりのSM愛好家以外は、SっぽくなるときもあればMっぽくなるときもある、つまりカップルで攻守交替しつつ、うまくやっているのでは?

ということは、あなたがとりあえずSっぽくなって、彼にあれやこれやを教え込んで、あるていど彼がうまいエッチのしかたを覚えたら、攻守交替すればいいのではないでしょうか?山本五十六よろしく、彼に「やってみせる」わけです。

振り子の原理でいえば、Sっぽい動きがうまい人は、Mっぽい動きもうまいし、逆もまた真なりです。振り子って、左右等間隔で動くから。問題はその振れ幅だけ、ということになります。しっかり幅広く振れて、エロすぎるくらいエロを楽しんでみてはいかがでしょうか? もっともらしいことを過言するなら、SもMも、大切なのはイマジネーションではないかと思います。(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)