本命になれない女

いけないと頭ではわかっているものの、ゆきずりの関係になってしまう。
それが不倫。
そこで、女性が不倫に走ってしまうきっかけランキングTOP5で、
さらに検証をしてみましょう。

本命になれない女

5位 酔った勢いでつい

お酒が入ってしまうと自分の理性より本能が優先されがち。
お酒が入るとほろ酔い気分も相まって、いつもとは違って少し大胆にもなれるもの。
そんなタイミングで言い寄ってくる男性がいれば、
一夜限りのアバンチュールな恋に女性は身を任せてしまうのかも知れませんね。

 

4位 ただ刺激が欲しかった

夫との生活にコレといった不満があるわけではないけれど、
ただ何となく平凡な日々に人生のスパイス、刺激が欲しかっただけ。
最近話題になった「昼顔妻」が、それの典型である。
どこにでもいそうな「普通」の妻が、
ある日を境に不倫という名の禁断の蜜の味を知ってしまい、
ついつい深みにはまってしまう。
禁断のパンドラの箱を開けてしまうきっかけは、
もしかしたらごくごく普通のありふれた日常の中に潜んでいるのかも知れませんね。

3位 配偶者が浮気をしている

配偶者が浮気をしている場合、
女性は比較的罪の意識を感じにくく自らも不倫に走ってしまう傾向があります。
また浮気をしている配偶者に対しての腹いせのつもりが、
不倫の深みへとはまっていくきかっけとなるようです。

 

2位 配偶者との性格の不一致

配偶者とうまくいっておらず、
ケンカも絶えず家庭に居場所がないと夫以外の男性に安らぎを求めがちです。
そんなとき、優しく相談に乗ってくれる男性がいれば、
次第に惹かれ恋心さえ抱いてしまうでしょう。
結果、その男性に身も心も委ねてしまうのです。
「暗闇の中で見つけたひと筋の光」にもよく似たような男性とのロマンスに癒しを求め、
溺れてしまうのではないでしょうか。

 

1位 配偶者とのセックスに不満

離婚理由に挙げられるほど、
配偶者とのセックスは結婚生活における重要なファクターであり、
その不満が重なれば夫婦関係の不和をもたらし、女性が不倫に走るきっかけを孕んでいます。

またセックスレスは、夫が妻を「女性として見ていない」「女として愛されていない」
といったように女性は感じとり、自暴自棄から不倫へと発展。
自分を女性として見てくれる夫以外の男性の誘いに、つい乗ってしまうのではないでしょうか。

おわりに

人は誰かに認められたい、
わかって欲しいといった「承認要求」というものを持ち合わせています。
女性は男性よりも承認要求が強いと言われています。
些細なケンカや日常生活での不満、ちょっとしたボタンのかけ違いが綻びとなり、
それがきっかけとなって女性は不倫に非日常的な刺激と癒しを求めるのです。
ただ機会がないだけで、
不倫のきっかけは誰の心の中にも潜んでいるのかも知れません。

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから