「彼はわたしとヤリたいからだと思うのですが、『次いつ泊まりに来るの?』と、しつこく言ってきます。前に泊まりに行ったときに、カラダを求められたのですが、拒みました。彼のことを好きになりかけていたのですが、やっぱりヤリモクの男だと思っています。ヤリモクの男に引っかかるのは、これで4回目です。ヤリモク男を遠ざけるには、どうすればいいのでしょうか?」

今回はこのご相談にお答えしたいと思います。

ヤリモク男に引っかからないためには

1:男は「におい」で判別しています

最初にもっとも厳しいことを言えば、「ヤレそうな女子」と思われるから、ヤリモク男が寄ってきます。「ヤレそう」というのは、「どことなくあの行為が好きそう」と思われている、ということです。

もっとも、あの行為が100%嫌いな人って、ほぼいないので、多くの女子は「あの行為が好きそう」と、男に思われるでしょう。で、それは「そういうもの」であって、なにも悪いコトではないと思います。

問題は「好きモノそうだけど、この女子のことは、軽く扱ってはいけない」と、男に思わせることができない、あなたの在り方にあります。

では、どんなふうに「在れば」、すぐにヤリたがる男が寄ってこなくなるのか? が、以下。

2:じぶんでじぶんのことを大切に扱おう

どうすればヤリモク男を遠ざける?

たとえば、一見してお嬢様育ちとわかる女子のなかには、親をはじめ周囲の人にとても大切に育てられたんだろうな、と思わせる人がいますね。そういう人が凛としていれば、周囲の人はもとより、じぶんでもじぶんのことを大切に扱っているんだな、と思えてくることがあります。

大切に扱われているものに、近寄りがたさを感じるのが、ヤリモク男です。

ヤリモク男を遠ざけようと思えば、じぶんでじぶんのことを大切に扱うことです。あるいは、じぶんのことを大切に扱ってくれる人とかかわることです。友だちや行く場所を選びましょう、ということ。

3:その淋しそうな顔つきを改めよう

淋しい表情をやめること

じぶんの在り方を改めるといい、と言っても、じぶんの人格なんて、今日明日ですぐに変わるものではないですよね。

であれば、せめて淋しそうな顔をするのをやめてみてはいかが?

どんなにお育ちのいい女子だって、たとえば仕事がつまらないとなれば、すぐに淋しそうな表情になります。「わたしは会社に必要とされていないのではないか?」「会社でわたしのことを利用する人はいても、思いやりをもって接してくれる人はいないから転職したい」「わたしの20代は暗黒か?であれば、さっさと結婚したい」などと考えていると、人ってどうしても淋しそうな表情になります。事実、こういう仕事や人生の悩みから、夜の暗がりに出かけて、ミスミス誰かに抱かれる女子だっていますね。

じぶんでじぶんのことを大切にするもっとも簡単な方法は、じぶんがやっていて心地いいと思えることだけをする、ということです。

仕事がつまらないのであれば、やっていて心地いいと思える仕事に転職すること。それが無理ならせめて、プライベートの時間を、心地いいことだけで埋めること。

おわりに

いかがでしょうか。

ヤリモクの男って、淋しいからとにかくヤリたい、というのが本質であることもあります。人肌の温もりを感じているときって、淋しさを感じなくてすみますからね、「淋しい男=ヤリモク男」です。

虫が夜の街灯に集まるように、あなたのその淋しさに、ヤリモク男は自然に近づいてきます。拡大解釈するなら、じぶん探しをしている女子に、ヤリモク男は寄ってきます。じぶんなんか探さなくていいので、じぶんがやっていて心地いいことで、あなたの人生を埋めてしまうと、ヤリモク男は自然にどこかに消えていきます。(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから