セックスのとき、必須なのがコンドームです。妊娠だけでなく病気など、いろんな意味で身を守ってくれます。ときには女性が付けてあげて、興奮をあおることもあるでしょう。

でも、コンドームは付ければいいというものではありません。安心安全なセックスをするためには、性質や装着方法など知っておく必要があります。

今回は、「知っておくべきコンドームの使い方」についてご紹介します。

裏表がある

コンドームには裏表があります。付ける際、先端のちょっと飛び出た精液だまりと呼ばれる部分を摘まみ、根元を伸ばして被せていきます。このとき、裏だと最後まで伸ばし切ることができません。

すると、途中までしか被せていない状態となり、外れやすくなってしまいます。出し入れしているときに外れると、気が付かない場合があり、とても危険です。ですから、裏表を確認するために、最初は電気をつけて明るくしておくべきです。

空気を入れない

先端の精液だまりの部分をしっかり摘まんで、空気の入らない状態で装着しなくてはいけません。空気が入ってしまうと、どうしても外れやすくなります。

特に、途中で男性器が萎んでしまったときなどは、空気が入り込んでさらに外れやすくなります。一度抜けてしまったコンドームは、精液が付いていたりするので、別の新しいものに変えてから装着しましょう。

根元までしっかり伸ばす

コンドームは、亀頭から根本へと伸ばして付けていきますが、焦っていると完全に装着できていない場合があります。しっかりとゴムを伸ばして最後まで被せないと、やはりどうしても外れやすくなります。

注意点としては、強引に被せると、男性の陰毛を巻き込んでしまう場合があること。すると、引っ張られる痛みで集中できなくなり、途中で萎えてしまう恐れがあります。

消費期限がある

完璧に装着できたからといって安心はできません。ごくまれに、挿入中にコンドームが破れてしまう場合があります。この原因は、おそらく劣化によるものです。

最近のコンドームは性能が良く、普通であれば破れることはありません。ただ、コンドームには消費期限があり、古いものは表面が劣化してしまうのです。また、折り曲げたり押しつぶしたりと、保存状態が悪い場合も劣化に繋がるので注意が必要です。

おわりに

コンドームを付けたから安心という訳ではありません。装着後に、お互いが確認するぐらい慎重であるべき。

特に女性は、自分の身は自分で守らなくてはいけませんから、注意深くしましょう!

(大木アンヌ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)