パートナーとのセックスは、性欲を満たすためだけではなく、二人の仲を深めるための行為でもあります。

そんなセックスですが、繰り返し行っていると段々と雑になってきたりすることも多いのではないでしょうか。

今回は、セックスに慣れてくるとおろそかにしがちなポイントを紹介します。

 

前戯では時間をかけてお互いの身体を愛撫

愛のあるセックスをする上で、最も大切だと言っても過言ではない過程がこの「前戯」です。

いつも前戯を全く行わないというカップルは少ないと思いますが、充分に時間をかけて前戯を行っているというカップルもそう多くはないでしょう。

時間が無かったり、疲れていたり、半分義務のような感覚で行うセックスでは前戯に時間をかけていられないのも事実。

しかし、前戯を軽く済ませた後に行われるセックスは、特に女性側で身体的にも精神的にも準備が整わず、あまり気持ちが入らないまま終わってしまうこともあるでしょう。

そうなると全体的に内容も薄くなり、仲を深めるどころか不満が募る可能性が高くなります。

セックスにおける「前戯」は、その後の良し悪しを決める大切な準備段階なのです。軽く会話をしながらお互いの身体を愛撫し、二人だけの世界に入りましょう。

 

セックス中もキスを忘れない

セックス中は、体位を変えたりしながら気持ちの良い瞬間を楽しむ段階ですが、一つだけ注意しておきましょう。

それは、定期的にキスをするということです。

特に男性は、ピストン運動に集中しているとキスを忘れがち。

そんな時は、女性側からキスを求めてあげましょう。

セックス中もキスをすることで、一人ではなく二人で気持ち良くなっているという感覚が強くなり、愛を深め合うことができます。

 

後戯はイチャイチャしながらピロートークを楽しむ

セックスは、終わった後も重要です。よくありがちなパターンとしては、果てた後そのまますぐ寝てしまうという流れでしょう。

確かにこれは仕方ない部分もありますが、やはりピロートークも二人の仲を深める絶好の機会。

少しの間だけでも会話を楽しみ、話しながらでも良いので眠りに就くのがベストです。

 

おわりに

関係が長くなるにつれ、おろそかになりがちなこれらの過程、皆さんは心当たりがありましたか?

セックスは二人で行うものですから、彼だけの責任にしてはいけませんよ。

彼がリードしていたとしても、女性側にもやれることは沢山あります。

セックスにおける大切な課程をもう一度見直し、濃厚で愛情深いセックスライフを楽しみましょう。

 

(水林ゆづる/ライター)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから