心が通い合い、好きになった相手とであればエッチをするのが自然です。

しかし男性の中には「エッチと恋愛は別だよ」という価値観の人もいます。こういった人のことを好きになると大変!

彼女がいるのに堂々とセフレをつくったりするのですから…!

そこで、ここでは恋愛とエッチは別派な男性と、安心して恋愛をするための3ステップをご紹介していきます。性の多様化を知りながら、彼をあなただけの存在にしていきましょう。

 

■1、恋愛とエッチの対象は1人がいいという味方をつくりましょう

好きになるということは、エッチをしてもいいということ…セフレを平気でたくさん作る人は、性にとても開放的です。

性行為をすることそのものに対してのネガティブさを感じていませんし、悪いことだという自覚もないことでしょう。

そんな人に「それって良くないことだよ」とあなた1人で刷り込むのは至難の業。そこで、味方を作りましょう。

なんでも話せる友人数名にだけ、彼のことが好きだと打ち明けましょう。そして、彼の奔放さを話しましょう。味方を得たところで、次のステップへ移行してください。

 

■2、純愛派が多数になるシチュエーションをたくさん設定しましょう

エッチは彼女とだけ行う特別なもの!という価値観を持った人と彼と一緒に過ごさせる場所を設定しましょう。

週末にご飯を食べに行くといった些細なことで構いませんので、恋愛話が出やすいようにお互いに気が知れた仲で頻繁に会うことが大事です。

友達付き合いを大事にするにあたって、セフレとの関係が疎かになることをまず狙います。

次に、セフレ作るのは良くない!といった議論になることを期待しましょう。飲み会でアルコールが入った状態だと、ちょっとディープな話も出来るようになりますよね。

そこで、純愛派が多数な状況で恋愛の価値観共有を図るのです。「あ、俺って少数派なんだ…」とか「俺のやり方って下衆なのか…」と気付かせることが大事です。

 

■3、部分的に共感をしながら、彼に接近していきましょう

かといって、「あなたは間違っているよ」とばかり言われてしまっては彼の機嫌が悪くなってしまうことでしょう。

部分的な感情の共有をして、彼の気持ちにそっと寄り添うのがあなたの仕事です。

セフレを作ってしまうことそのものに共感はしなくて大丈夫。寂しいと思って、ついセフレとしちゃうといった内容のときは「寂しい夜ってあるよね、わかるよ」といったように部分的な共有だけでOKです。

そうすることによって、全否定されているのではなく、同じような気持ちを抱いてくれているということが彼にしっかりと伝わります。

段々と、彼は段々とあなたと一緒にいることが心地よくなってくることでしょう。

時間は多少かかるかと思いますが、「恋愛って誰か1人を大事にすることか。」と理解させることが出来ます。

そして、いつも気持ちに寄り添ってくれていたあなたのことを特別な存在だと自然に認識することとなります。

 

■おわりに

いかがでしたか?

価値観の違いは誰にでもあることです。好きになった相手が、ちょっと道を踏み外したような価値観を持っていた場合、あなたばかりが我慢をすることはないのです。

時間をかけ、仲間と共に、彼にこちら側のレールへ来てもらいましょうね。

恋愛相談掲示板

友達にも言えない大人の関係でのトラブル。周りには相談できない恋愛の悩み。

困った時は、愛カツの恋愛相談掲示板に書き込んでみませんか?他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになりますよ。

恋愛相談はこちらから