騎乗位って聞いたことありますか?

騎乗位は、女性主導で男性を気持ち良くさせることができる数少ない体位で、一般的なやり方は男性が女性の上に乗ってエッチする「対面騎乗位」というやり方です。

みなさんの中には「騎乗位がうまくできない……」なんて悩んでいる人もいるでしょう。

そこで今回は、騎乗位の基本的なやり方から応用をご紹介します。

あなたも、好きな人も気持ち良くなりましょう!
騎乗位 やり方

【入門】騎乗位のやり方


それでは、さっそく騎乗位のやり方をみてみましょう!

騎乗位のやり方は知ってるけど、イマイチ気持ちよくなれない、もっと気持ちよくなりたい方は【応用編】をご覧ください!

ステップ①始まりはゆっくりと

女性主導で行う騎乗位へ向かうのなら、前戯もそれ相応のものにすると流れがスムーズです。

男性に仰向けに寝てもらい、全身を愛撫したりキスしたりしてカレの気分を高めましょう。

程よく興奮度が高まったら、本番へ移ってください。

男性のペニスを握り、ゆっくりと腰を下ろして挿入します。最初は激しく動くのを避け、前後に腰を振りながら徐々に馴染ませていくのがいいですよ。

女性側の前戯がないと痛くなる場合がありますので、そんなときはローションを使うとスムーズに挿入が行えますよ。

ステップ②基本は上下運動

騎乗位の基本は、男性のものを膣でしごくように動く上下運動です。

最初は膝立ちで行い、自分のGスポットなどを探りましょう。

慣れてきたら、かかとを使って腰を持ち上げ、上下に弾むように激しく動きます。このとき、腰を上げ過ぎてうっかりペニスが抜けてしまわないように気を付けましょう。

ステップ③背面騎乗位

男性に背中を向けるようにして動く体位もあります。

バックから挿入したような形になるので、通常の騎乗位とはまた違った感覚を楽しめます。

上下運動だけでなく、前後左右、回転運動も混ぜて色々動かしてみましょう。

フリフリ動くお尻をわざとカレに見せることでも興奮させることができますよ。

ステップ④抱き合う騎乗位

通常の騎乗位では彼と身体の部分は離れていますが、上半身をカレの身体にくっつけるようにして密着させると、お互いに身体の温もりを感じられるでしょう。

この状態では男性の身体を舐めたり触ったりすることも可能なので、慣れたらやってみてくださいね。

上下運動が止まってしまわないように、腰だけは軽く動かしておくのがポイントです。

【応用】騎乗位のやり方

騎乗位のやり方
騎乗位の基本的なやり方はわかった……でも、もっとうまくなりたい!

と思っている方に、さらなるステップの「騎乗位のやり方の応用編」をご紹介しましょう。

また、騎乗位のときの挿入に注目します!

ステップ①開始はグラインド

まずは男性に仰向けに寝てもらい、騎乗位の挿入の準備をします。挿入前に男性の身体を愛撫したりキスしたり、程よく焦らしながら興奮度を高めましょう。

前戯が終わったら、男性の上にまたがりゆっくりと腰を下ろして挿入します。

開始のポイントはグラインドです。ゆっくり前後に腰を動かしながら馴染ませ、左右や回転運動も加えてきます。

男性は女性のクネクネした腰の動きに興奮しますから、お互い目を合わせながら動いているところをじっくり見て貰いましょう。

ステップ②中盤はゆっくりピストン

男性を本格的に気持ち良くさせるには、やはりピストン運動に移る必要があります。ゆっくりと腰を持ち上げ、抜けるギリギリのところで下に降ろします。

基本的には一定のリズムを刻みますが、変化を出すため角度を変えたり身体の位置を変えたりしてみましょう。

騎乗位のまま180度回れば、バックスタイルにもなりますから是非セックスフローに組み込んでみてください。

あえぎ声を出したり、気持ちいいと言ったり、身体のあちこちを愛撫しながら動くのも良いでしょう。

ステップ③激しいピストンでフィニッシュ

絶頂が近いことを男性側から確認できたら、ラストスパートをかけましょう。

ラストはやはり激しいピストンです。かかとをつけて腰を持ち上げると、激しく上下に動けますよ。

うっかりペニスが抜けないように注意しながら、一定のリズムでピストンを続けましょう。

フィニッシュが確認できたら、腰の動きを緩やかにしながら停止し、ペニスが落ち着いてから抜いてください。

まとめ

騎乗位といっても色々ありますね!

性主導で動く騎乗位は、男性にとって最高のおもてなしです。最初は自分から動いたりするのは恥ずかしいかもしれませんが、逆に恥じらいつつ行うことができれば男性はもうイチコロでしょう。

ぜひこれらの騎乗位のやり方をマスターして、いつもと違ったセックスで疲れたカレを癒してあげましょう。

(オトナの恋カツ編集部)