おおいにエッチを楽しむために夏があるわけではありませんが、やっぱり夏はエッチをおおいに楽しみたいと思いませんか?
「思います」という答えが返ってくることを期待しつつ、今回は、彼ともっとラブラブになれる「真夏のエッチなプレイ」に迫ります。
さっそくご紹介しましょう!

真夏のエッチなプレイ

1:お口に氷を含んで・・・

「氷をお口に含んで、舌や口の中が冷たくなったら、彼のアレをぱっくり咥えると……悶絶する彼のかわいい姿を見ることができます」(24歳・ヘアメーク)
悶絶する彼の姿って「かわいい」ものなのでしょうか……そうですか、かわいいですか……。
ま、氷を活用して、夏ならではのエッチを楽しんでみてはいかがかと思います。

 

2:ローションでも・・・

「やっぱりね、冬は暖房で、カラダに塗ったローションがすぐに乾くわけですよ。だから湿度が高い真夏にローションプレイを楽しむべきなんです!」(26歳・受付)
たしかに空気が乾燥している冬場って、ローションがすぐに乾いてしまってカピカピになってしまいますもんねえ……。

 

3:水着で・・・

「夏はやっぱり水着でエッチです! 彼、忙しくて、わたしと一緒に海にもプールにも行っていないんです。だからわたしの水着姿を見たいって、しつこくて……でもね、やっぱり水着でエッチって、燃えるんですよね」(27歳・モデル)
コスプレの中でも水着ってありふれているというかなんというか……でも男子って意外と彼女の水着姿に燃えるのだろうと思います。
ビーチでかわいい彼女のおっぱいを水着の上から揉んで、アソコの生地をちょっとずらしてIN……みたいな妄想をかなえることができるから、男は水着姿の彼女とのエッチに燃えるのだろうと思います。

 

4:隣のベランダから・・・

「マンションの隣の部屋の住人って、どうやら窓を開けたままエッチしてるっぽいんです。わたしたちのカップルは、隣の部屋のベランダあたりから漏れ聞こえてくるヤラシイ声をおかずにエッチしています」(24歳・飲食)
夏ならではですよね! 真冬は寒くて寒くて、とてもじゃないけど……。

 

いかがでしたか?
日本には四季があります……なんて当たり前のことを書いてもしかたないわけですが、でも四季を味方につけたエッチができれば、それはかなり燃えるエッチになるのだろうと思います。
暑い夏は氷を使って、ローションを使って……寒い冬はふたりでぴったりと密着して……恋人たちの夜は、春夏秋冬いつでも大忙しです。

(ひとみしょう/ライター)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから