女子のひとりエッチ

「ひとりエッチを見られちゃった!」

……思春期の男子が一度は経験したであろうこのシチュエーション。オトナになると、なかなか少なくなっていくものです。

ましてや女性ともなると、こんな経験をしたことがある人はかなり少なくなるでしょう。

しかし中には、「彼氏にひとりエッチの現場を見られた……」なんて女性もいるようです。「彼に嫌われたらどうしよう」と考えてしまうこともあるのだとか……。

そこで今回は、女子のひとりエッチを目撃した男子に、その感想を教えていただきました。

彼らは、いったいどんな感情を抱いたのでしょうか……。

女子のひとりエッチ

1:AVで見るよりすげぇ!

「AVで見るよりすげぇ!というのが女性のオナニーに対するホンネです」(25歳・IT)

パンダだってUFOだって、映像で見るより実物を生で見たほうが「すげぇ」ものでしょう。

この男性は「彼女とのプレイの一環で」ひとりエッチを見たとのこと。

いつもおなじルーティーンになって、マンネリを感じていたいたエッチが、その日からいつもとは違うものになったのだとか。

刺激がなくなったと感じているカップルには、ひとりエッチはおすすめの方法なのかもしれませんね。

2:あそこを触ればイカせられるんだ…

「AVで女子のオナニーを見ても、モザイクがかかっているので、どこを触れば『気持ちいい』と思ってもらえるのかわからなかったんですが、実物のオナニーを見たら、彼女はクリトリスだけを器用に触っていて……。
クリトリスだけでイケるんだ!と感動したのと、『こんな風に触ってあげればいいんだ』って理解できました」(27歳・通信)

男子の多くは、こんなふうに「オナニーのやり方」や「女体の不思議」にすごく感動(感心)するものです。

とくにテクニックなどは、アダルトビデオで「間違った知識」を仕入れてしまっていることも多いため、彼のテクニックに不満を感じているなら、実際に「こうしてほしい」と見せてあげることで改善できるかも?

3:そんなに声出して、まわりにバレたりしないのかな?

「ぼくの彼女はエッチのとき、すごく大きな声を出すんですけど、オナニーのときも同じくらいの声を出しているみたいで……。
寝てるときに隣から大きな声がして、見てみたらひとりエッチをしていました。

そんなに大きな声を出してオナニーしたら、隣の部屋の人とかにオナニーがバレないのかな?と思ったので、キスで口をふさいで、そのあとは……。
仕事で忙しくて構ってあげられてなかったので、いいきっかけになったと思います。すこし反省しました」(27歳・建築)

エッチのときやオナニーのときなどは、声を出した方が自分を盛り上げられ、より気持ちよくなれることもありますよね。

大きな声を出してくれている≒気持ちよくなってくれている、と理解する男性も多いようです。

相手の男性のテクニックがいまいちのときは、あえて大きな声を出してみるものありなのかもしれません。

4:何歳からオナニーしてるんだろう?

「酔っぱらったとき、彼女と一緒にオナニーをし合ったことがあります……。
すごく気持ち良さそうにオナニーしている彼女に対して、ふと『何歳からオナニーしているのだろう』と思いましたね。
もちろん『何歳からオナニーしてるの?』と聞けないのですが……」(25歳・飲食)

カップル間でしかできない、こういう質問にちゃんと答えてあげると、ふたりの絆が深まるのでおすすめです。

つまり「何歳くらいからエッチなのか?」とか「どれだけ自分はエッチなのか」といった、お互いのエッチ事情について認識を共有しあうことで、よりふたりの絆が深まる愛もあるということです。

おわりに

男子って結局のところ、自分の彼女に対して「こんなに可愛い顔をして、この子はどこまでエッチなのだろう」ということを知りたいのだろうと思います。

その答えが「ものすごくエッチ」なのか「さほどエッチではなかった」のか、そういうのは男子が勝手に(自由に)決めることで、女子にとってさほど悩む問題ではないでしょう。

あくまでも彼の主観の問題です。

問題は「自分がどこまでエッチなのか」を、愛する彼の前で素直に披露できるかどうか、ではないかと思います。

真に愛するとは、自らの劣情をヘンに隠すことなく素直に見せあえるということ、なのかもしれません。

(ひとみしょう/文筆家)

(オトナの恋カツ編集部)