女性が欲求を満たしたくなる時期

「なんでだか身体がむずむず……ムラムラ……」なんてことありますか?

それって、体が周期的に分泌量を変えているホルモンのせいだって知ってましたか?

今回は、女性がオナニーで済ませてしまうほどセックスしたくなる時期3選をご紹介します。

「定期的にくるあのムラムラは何!?」っと思っている方は必見です!

女性が欲求を満たしたくなる時期

やっぱり生理直前!

生理直前に性欲があがる女性は多くいます。理由としては、女性の性欲は生理周期と密接な関係にあり、生理周期の中で分泌される女性ホルモンの増減によって性欲はコントロールされるからです。

女性ホルモンにはエストロゲン・プロゲステロン・オキシトシン・テストステロンの4つがあります。

生理の3~10日前には、女性らしい体を作るエストロゲン、イライラなどの月経前症候群(PMS)を引き起こすプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が上昇します。

【▼おすすめ記事】「オナニーしている、私って変なのかな…」なんて思う女性の皆さん。

女子のオナニー、中高生で初経験みんなが知りたい『女子のオナニー事情』とは?
「女性のオナニー事情」を恋愛メディアの愛カツが、こっそりと紹介します。

生理の直前には、この2つの女性ホルモンの分泌は大きく減りますが、幸せを感じるオキシトシン、男性ホルモンであり性欲を増進させるテストステロンの分泌が活発になります。

生理前に女性をむらむらするさせる原因は、生理周期によって変わるホルモンバランスから起こると言えるでしょう。

意外と多い、排卵日前後

意外と多い、排卵日前後

排卵日前後に性欲が増すということは、意外と知られていません。先ほどご紹介した女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、女性らしさを際立たせるだけでなく性欲を増進する作用も持っています。

生理終了日辺りからエストロゲンの分泌は活発になって排卵日がピークです。その結果、分泌の活発な排卵日前後は性欲が増してむらむらしてしまうのです。排卵日付近に性欲が増進されるのは、一番妊娠しやすい時期なので生き物として子孫繁栄を促す本能からきているのでしょう。

望まぬ妊娠を避けるためにも性欲を抑えることができるなら、オナニーがちょうどいいかもしれませんね。

寂しさを埋めるため……

現代社会に生きる女性たちは愛に飢えているのかもしれません。愛を確かめ合う男性がいない、遠距離で彼と会えないといった女性は、寂しさやイライラという欲求不満をオナニーで発散している、といったところが本音のようです。

部屋で女1人、ベッドで寂しさを埋めるオナニーは悲しく思えますが、行きずりの男性とワンナイトラブを過ごしてしまうより安全性が高く、面倒くさくありません。

「やってしまった! 」と後悔するよりは、そのまま気持ち良くなって眠ることもできますし、手っ取り早く欲求不満を解消するにはオナニーがいいでしょう。

【▼人気の記事】「浮気をしたい」と思うのは、男性だけだと思っていた……

女性の浮気浮気や不倫をする女性の心理
恋愛カウンセラーに聞いた「浮気がやめられない女性の理由」について解説します!

女性だってむらむらします!

性欲が強い女性は肉食系だクーガー女子だと揶揄されますが、女性の体にも男性ホルモンは分泌しています。オナニーが恥ずかしいと思っている方も、単に性欲を解消するだけでなくストレス発散にも役立ちますので、ちょっと試してみてはいかがですか?

(オトナの恋カツ編集部)