一般的には、舌を使ったキスをディープキスと呼びますが、ディープキスにも色々な種類が存在します。

今回はそんな、意外と知らないディープキスの種類をご紹介します。

boy-946214_960_720

カクテルキス

お互いの唇を合わせ、舌を絡ませ合い、お互いに舌の感触を楽しむのがカクテルキスです。

このカクテルキスは『ベロチュー』とも呼ばれるため、ディープキスの基本とも言えるキス。特に呼び方を知らずに行っているという人も多いでしょう。

カクテルキスは基本であるがゆえに奥が深く、舌の表面から裏まで、動かし方一つでも様々な感触が楽しめるキスとなっています。

ニプルキス

相手の唇に舌先を付け、唇を這わせるようにして全体をグルっと舐めるのがこのニプルキス。

柔らかい唇の感触を、舌で楽しむことができるキスです。

またキスを受ける側も、自分の唇を舐められるという不思議な感覚を味わうことができます。

サーチングキス

サーチングキスは、その名の通り相手の口内を舌で探るキスです。相手の舌はもちろん、歯茎や歯の裏、上あごや下あごに至るまで、口内の隅から隅まで存分にまさぐりましょう。

舌が短い人には少し難しいキスですが、そうでない人なら口内の色々な感触を楽しむことができます。

スロートキス

相手の舌を吸うという、とても刺激的なキスがスロートキスです。相手の舌を吸い、唇などで舌の感触を楽しみます。

逆に吸われる方にとっては、その刺激もさることながら、自分の舌を相手に持っていかれることにより「激しく自分を求められている」という感覚に興奮するでしょう。

舌を吸ってもらったら、今度は吸い返してあげましょう。お互いに求め合うことで、きっと盛り上がります。

キスの幅を広げよう

これらのキスは、ディープキスの一環として自然に行っているという人もいるでしょう。やったことがないキスがあるなら、是非試してみてください。キスのバリエーションを広がり、キスが楽しくなります。

ディープキスはセックスにおいても重要ですので、セックスをより楽しむためにも、色々なキスとやり方を知っておきましょう。

(オトナの恋カツ編集部)