「48手」とは、江戸時代にできたセックス体位の種類を表す言葉で、相撲の決まり手の数を表す「四十八手」が由来だそうです。そんな48手を現代のセックスに活用してみませんか?

girl-881911_960_720

女王様気分な「鶯の谷渡り」

あまり激しい特殊なセックスは得意ではないというカップルにオススメなのが、「鶯(うぐいす)の谷渡り」です。

女性は仰向けに寝て、男性に両手で支えられながら口で体中を愛撫する48手の一つです。「鶯(うぐいす)の谷渡り」とは、和歌や俳句の季語として使われる言葉であり、鶯が枝から枝、谷から谷へさえずりながら飛び渡る様子を表しています。48手では男性の頭を鶯に見立て、女性の体を右往左往する様子から付けられた体位名でしょう。

基本的に女性はマグロ状態なので、まさしく女王様気分にさせてくれると言えます。48手は挿入時の体位だけでなく、愛撫の種類も豊富なのでセックスがマンネリ化したときなどには参考になるかもしれません。

 

セクシーな姿に興奮「乱れ牡丹」

pink-peony-111909_960_720

気分が盛り上がって、ちょっと大胆な体位を試したいのなら「乱れ牡丹」です。男性の上に、背面座位の形で女性が脚を大きく広げながら挿入して座る体位です。結合しているあられもない姿の秘部が全て見えるので鏡の前がオススメのプレイスポットです。

男性は空いている手で胸やクリトリスを愛撫しながら言葉攻めをするとより効果的でしょう。女性が主体で腰を動かす体位ですが、男性も女性の両脚を持ち上げて下から突き上げるように腰を動かすことができます。腕力自慢の彼がいる方は是非試してみてください。

 

Mな女性には「理非知らず」

feet-984260_960_720

M気質の女性は、SMプレイのような「理非知らず(りひしらず)」がいいでしょう。正常位での挿入ですが、女性は両手や腿などを縛られるため、男性は成すがまま女性を攻めることができます。なかなかセックスに応じてくれない女性を無理矢理、縄で縛って犯したことからこの体位名が付いたようです。

女性は縛られているので動き辛いこともあり、踏み出すのに勇気が必要な体位でしょう。しかし、非日常感は十分に味わえるので激しく彼に攻められたい願望の強い女性は、一度ハマると癖になるかもしれません。

 

奇抜! こたつを使った体位

寒い日が続くと、こたつから出るのも億劫になるますよね。そんなズボラさんのためにあるような48手の体位が「こたつ隠れ」。こたつに対面に座りますが、こたつの中では対面座位で繋がっているという体位です。ただし、こたつは狭い上に火傷をする危険な体位ですので、あまり激しく動けません。

もう少し密着度が高く、女性を愛撫しやすい体位に「こたつがかり」があります。背面座位の状態でこたつに入るプレイです。やはり下半身はこたつの中なので、女性は火傷に気をつけながら腰を動かしてあげましょう。

PAK85_ohirunenuko20150109092625-thumb-815xauto-18027

現代でも使える48手

今も昔も、エッチなことにはみんな興味津々ですね。ソフトなものからハードなものまで、現代のわたしたちでも十分活用できそうな48手はまだまだあります。これを機に、彼を誘って古の日本を感じることのできるセックスを試してみてくださいね!

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから