男性は、21歳頃をピークに、肉体は徐々に老化していくと言われています。

それこそ数年は自覚もないのですが、少しずつ徹夜ができなくなったり、走ると動悸がするようになったり。平均寿命が女性より短い分、自覚する体の老化にも、早い段階で気が付くようになってしまうんですよね。

まあ徹夜NGになるだとか、走ると動悸がするだとか、そういうことは特に問題というわけでありません。

徹夜しなければいいし、走らなきゃいいだけの話です。

しかし、もっとも深刻な老化の自覚症状だけは、どうにかしたいと思ってしまうもの。その深刻な老化というのが、セックス中にそもそもアレが機能しないのでしょう。

【アダルト】アッチの元気がない彼氏、原因は加齢…責めるよりも○○すべし!

「何故デキないの?」そう言われましても…

こういう状況は、男性も30代に差し掛かる頃には誰もが「あれ? なんか今までと違って元気ないぞ」と自覚してしまうものです。

俗にEDと呼ばれているこの状況。老化が原因ですから誰しもが経験するものですが、好きな女性とのセックスでこういうことになってしまうと、本当に悲しくなってしまいます。

加えて、異変を察知した女性から「どうして勃ってないの? 気持ち良くなかった?」みたいな言葉を掛けられると、もう本当に申し訳ない気持ちになります。ときには「何あんた! 失礼な男ね!」と怒ってしまう女性もいるということですから、おお、恐ろしい……。

でもこれも基本的には老化のせいですから、あんまり男性を責めないでもらえるとありがたいんですよね(涙)

彼氏がEDになっても、軽度ならまだ挽回してもらえる!

もっとも、EDを発症しても対策を練ればしっかりと行為を行うことは可能です。 その対策方法を、具体的に挙げていきましょう。

まずは男性のアレが刺激に対してまでは鈍感になっていないこと、ここに注目してみましょう。

あくまでも老化によって勃ちにくくなっているだけで、快感を得ることができれば、アレはまだまだしっかりと働いてくれます。

そのためには、できるだけ挿入時の感度を高める必要があるでしょう。たとえばコンドームは、0.02ミリ以下の薄さのものを使えば、それよりも厚みのあるコンドームを装着しているときとは、感度はまさに雲泥の差です。

意外とラブホテルに置かれているコンドームって、厚みがあるものも少なくありません。ED気味な彼氏には、こういうありふれたコンドームはちょっともう役不足。薄いものを使ってもらいましょう。

また、行為前のアルコールの摂取も、男性の機能に影響を及ぼしてしまいます。できるだけED気味の彼氏にはお酒を控えてもらった方がいいでしょう。

これは先日、僕が実感したことでもあります。行為直前の飲酒は、セックスに著しい影響を与えていることは、もう間違いないことです!

飲んだらヤるな! ヤるなら飲むな!

おわりに

前述のように、男性の機能を老化に負けないように維持するには、コンドームを薄くするのと、セックスの前の飲酒を控えること。
この2つだけでも実践すれば、だいぶ違ってきます。

それでもなお……という場合には、EDの治療をしてくれる病院にみてもらうように説得するか、あるいはバイアグラという最終手段を講じるべきでしょう。

バイアグラ以外にもED治療薬は多く出回っていますが、そういうものって効果がかなり薄いので、あんまり期待はできませんけど……。

(松本ミゾレ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)