勇気を出してやってみたら、自分の世界観がおおいに変わって、生きることが楽しくなった、ということって、世の中にはたくさんありますよね。

エッチも例外ではありません。

今回は、エッチのとき「女子が我慢しないほうがいい」4つのあれに迫ります。

以下にご紹介することを、勇気を出して彼の前で言ったりやったりしてみると、世界観が変わって、恋愛やエッチをおおいに楽しむことができるかもしれませんよ。

さっそく見ていきましょう!

19

1:「AV観ようよ!」

「女子から男子に『AV観ようよ』と言うのは、はしたないかなと思って今まで言わなかったのですが、彼とAVを観たら燃えるようなエッチができてよかったです」(27歳・モデル)

女子向けのAVが、ごく当たり前のようにネット上にある時代ですから、女子から積極的に「AV観ようよ」と言ってみてはいかがでしょうか?

そもそもラブホテルでAVが見られないところって、ほとんどないですよね?

 

2:「自分でクリちゃん触ってごらん」と言われて……

「彼はわたしに『自分でクリちゃん触ってごらん』と言います。そう言われても、これまで恥ずかしくて触らなかったのですが、触ってみたらすごく気持ちよくて、いつも以上にイキました」(25歳・ネイリスト)

こういうのって、そもそも生理的に無理と思っている女子もいるでしょうから、絶対にやったほうが気持ちいいとは言い切れないものの、セックスにおけるオプションのひとつとして「機会があって、気が乗れば」やってみてもいいかなと思っておくと、世界観が変わって、まことにいいのではないかと思います。

 

3:「もっと舐めたい」

「もっと彼のを舐めたいと思いつつも、舐めたいなんて恥ずかしくて言えなかったのですが、言ってよかったです。大満足!」(27歳・役員秘書)

何回も書いてきたことですが、セックスって、自分がしたいことを素直にしたいと言えたほうが、断然気持ちいいものです。

 

4:「なんか出そう」で「ちゃんと出す」

「エッチのとき、なんか出そうと思っても、恥ずかしくて出すのを我慢してきましたが、ある日、我慢の限界で出しました。出すのってクセになりそうなくらい気持ちいいです」(27歳・アパレル)

女子も「出そう」と思ったら素直に出したほうが気持ちいい……こういう証言は、ときどき聞きます。

 

いかがでしたか?

エッチに関する相性がよくないと、エッチを楽しむことがむずかしいかと思います。

でもその相性だって、カップルでお互いに遠慮しあっていたり恥ずかしがっていたりしたら、合うものも合わないのではないかとも思います。

お互いにやりたいことを100%できるエッチ……こういうのって愛がなければできない最高のエッチでしょうから、今宵、彼を前に我慢することなく「なんか出そう」で「ちゃんと出して」みてはいかがでしょうか。

きっと世界観が変わることでしょう。

(ひとみしょう/ライター)

恋愛相談掲示板

友達にも言えない大人の関係でのトラブル。周りには相談できない恋愛の悩み。

困った時は、愛カツの恋愛相談掲示板に書き込んでみませんか?他の読者や恋愛の専門家が回答してくれるので、あなたの悩みが解決するきっかけになりますよ。

恋愛相談はこちらから