ひとりで寂しい。彼とのセックスレスで悩んでいる。濡れにくい……なんて悩んでいる人たちはオナニーをしてみませんか?

バイブでのオナニーするメリットは、イキにくい人もイキやすくやくなることです。

オナニーでバイブを使うことに抵抗があるという人も、体開発のためにもぜひ一度お試しください!

オナニーでバイブを使う

イキやすくなれる

バイブを使ってのオナニーのメリットは、なんといってもイキやすくなることです。女性の性感帯が集中するクリトリスでは、ほとんどの人がイケるのに対し、膣でイケるという人は割合が下がります。

中には、はじめから膣でイケる人もいますが、膣には性感帯があまり多くないため、何度も経験を重ねて徐々に開発されていく部分になります。

イクには、膣に挿入した形で、イク経験を重ねることが大切! そのためバイブを使ったオナニーはおすすめです。

クリトリスも同時に刺激できる「エクスティック ハンサム」なら、はじめは挿入してクリトリスを刺激しているうちに、徐々に膣も開発することができますので、クリトリスを刺激する機能付きのものがいいですよ!

快感をピンポイントで刺激

model-991420_960_720

最近は、通販で手に入りやすくなったラブグッズですが、初めて買う人にとっては、AVに出てくるようなリアルなバイブには抵抗感のある人もいると思います。

そんな人には、女性が開発を手がけたかわいらしい外見のバイブもおすすめです!

クリトリスを刺激する部分を広くとった「iroha FIT」という商品は、女性のために開発したバイブで、膣の形状にフィットするような形でクリトリスとGスポットをピンポイントに刺激。手を離した状態でも抜け落ちにくいため、性感帯の開発にはおすすめです。

ほかにも、先端に突起がついて、PスポットやGスポットをピンポイントで刺激するタイプ、スイングやピストン機能のついたタイプ……など、さまざまなバイブが出ていますので、「自分の性感帯がよくわからない! 」という人は、バイブを利用して性感帯を探るのもいいですよ!

気持ちよい部分を発見したら、そこを集中的に刺激してくれるのもバイブのメリットです。

エッチに自信がつく

bar-1076996_960_720
バイブを使ってのオナニーでイクことができるようになれば、徐々にセックスでイキやすい体質になってきます。自分の性感帯や快感ポイントを知ることで、エッチに対して自信がつき、積極的になれるでしょう。

まずは「iroha RIN」であなたの気持ちよくなれる部分を探しましょう!自分の快感ポイントを彼に伝え、積極的に刺激してもらえたら、今まで以上に強い快感を味わうことができるようになったという意見も!

また、定期的にオナニーをすると、女性ホルモンが安定してくるので、肌にハリやツヤが出たり、女性らしいフェロモンが出たりという、男性を引き付ける効果が期待できます。

選び方

一言でバイブと言っても、性能や形が様々です。太さであれば直径は3.5cm~4.5cmほどが一般的で、長さは12cm~30cmと幅があります。

形状はたいてい、男性のペニスを模した形をしていますが、バイブは同時にクリトリスを刺激できる「フリッパー」が付いているものが多いです。

初心者が始めに選ぶ場合は、比較的小さいものがおすすめなので、直径3.5cm、長さは12cm~15cm程度の、フリッパー付きのバイブが良いでしょう。また、バイブの首がウネウネ動くスウィングタイプのものもありますが、初心者なら初めは振動タイプの「ロイヤル スワン」がオススメ!

準備

バイブを使うときは、ローションで有名な「ぺぺ ノーマル」を使ったら、挿入がスムーズに行え、感度も上がるのでおすすめです。

また、バイブにコンドームを被せると衛生的にも安心。その他、下にタオルを敷き、横にティッシュを準備しておくと準備は完璧です。

使い方

使い方
まずローションを膣にたっぷりと塗りたくり、バイブを当てながらなじませていきます。全体的に振動のパワーは弱めか、中くらいが良いでしょう。ゆっくりとバイブを挿入していき、フリッパーがクリトリスに当たるまで入れます。

フリッパーを気にしながら、バイブを上下に動かしたり、前後に出し入れしたりしながら、自分で気持ちいい部分を探してみるのがコツです。

感じながら手を動かすというのは結構難しいかもしれませんが、焦らずゆっくり行ってください。当てる部分や振動の強さを調節しながら色々試し、オーガズムへの到達を目指します。

慣れてきたら、スティックタイプの「iroha RIN」で、さらにあなたの気持ちよくなれるポイントを探してみてくださいね。

使用後は

電源部は水に弱いため、そこを濡らさないようにして洗いましょう。

洗い終わったらしっかり乾燥させます。また、コンドームを被せていれば、クリーナーで拭くだけでも充分です。

しっかりお手入れを行えば、バイブも長持ちします。また、使用しているバイブの刺激が物足りなくなった場合は、色々な種類のバイブに手を出してみましょう。

エッチを楽しむために

オナニーでバイブを使う様々なメリットについてまとめてみました。

はじめはバイブを使うことに抵抗があるかもしれませんが、なかなか中でイクことができない人は、試してみる価値はあります!

慣れるにしたがって、徐々に感じることができるようになる人が多いようです。バイブで自分の快感ポイントを知り、積極的にエッチを楽しめるようになりましょう!

(オトナの恋カツ編集部)