「最近仕事で疲れてて……」

ていのいい断り文句で絶賛セックスレス中の人。ちょっと不安になりますよね。

「仕事で疲れてるって、疲れてるときこそやりたいもんじゃないの?」って思う、そこの女子!

疲れマラという言葉を間違っていますよ!

1枚目

疲れの種類

疲れマラとは一般的に肉体的疲労。
死んでしまいそうな肉体疲労時でも、セックスしてしまうのが疲れマラです。
死ぬ前に自分の子孫を残そうとして本能的に頑張ってしまうのです。
しかし精神的疲労の場合は「セックスする気になれない」だけ。
セックスしててもその気になれない。立たないなど結構男子もメンタル弱いんです。
そしてもうひとつ、セックスを拒否する理由があります。

 

単純なセックスに飽きた

2枚目

例えば、いつも彼がセックスし始めて自分本位に動いて、イって終わり。
と、いつもと同じセックスを続けていると、そりゃ人間、飽きます。
自分もいつも同じお任せのセックスでは飽きませんか?
いつも同じだと男にとってはオナニーと同じ感覚になるので、わざわざセックスするよりも自分で処理してしまう方が楽だと考えてしまいます。

 

セックスしなくなると

それでも一緒に居たいと思うかどうかは別にしても、女の方が今度は満足できませんよね。
どうにかしようとしても、すでに時間が経ってしまっていると、なかなか踏み出せなくなってしまいます。
本当に仕事が忙しくても待つのは2~3ヶ月でいいんです。
それ以上時間が経つと今度はきっかけがなくなってしまいますよ。

セックスは女性が主役

基本的にセックスは女性が気持ちがいい方が長続きします。
女性の方が主導権を握り、色々誘導することです。
だって気持ちがいい時間は絶対に女性の方が長いですからね。
上手く興奮させて、2人で気持ちいいことを追及していくのがいいセックスです。

セックスを楽しんで

セックスなしでもいいと言うのは老夫婦位です。
せっかく女に生まれたからには楽しまなくちゃ損。
セックスレスになる前に、もっと楽しむセックスするようにしましょう。

(南マドカ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)