何回かエッチしたけれど、付き合えないと言われたら

デートのような雰囲気で食事をしたり、二人きりで出かけたりして、何となくの流れでエッチも何度かしたんだけど、ちゃんと話してみたら彼に真剣交際する気はないとのこと。

「え? じゃあ、今までのデートとかエッチとかは、いったい何だったのよ?」と問いただしたくなりますが、ひょっとすると彼はあなたを『お試し』していたのかもしれません。

大人の恋愛では、キチンとした告白もなく交際がスタートするケースが少なくないですが、それをいいことに男性は、曖昧な関係を築きながら「彼女にするかどうか?」を確認する場合があります。
ひそかにお試し期間を設けて、OKだったらちゃんと付き合うし、ダメだったらフェイドアウトするかセフレになるか。
そんな判断をしていることがあるんですね。

今回は、エッチまでしても「このコはないな」と感じた男性の本音を探ってみます。

lgf01a201501150300

身体の相性が悪い

男性は、女性よりもセックスの相性を重視するかもしれません。
今どきは女性も性に対してかなり積極的ですから、「エッチがヘタ」を理由に捨てられちゃう男性もいますけど、それでもオンナよりオトコの方が恋愛におけるセックスに重きを置いているはずです。
肉体構造上、男性は定期的に射精しなければいけないので、本能的に射精しやすい彼女を選ぶようになっているんですね。

そのため、性格はとても合うんだけど、エッチしたら「なんか違う」という時、男性は悩みます。
心の相性が良いなら、それでいいじゃないか! という考えも思い浮かぶでしょう。
けれど、筆者が実際に男友達などから聞くのは、「身体の相性が悪いと、関係も悪くなっていく」「彼女だったらまだいいけど、奥さんにするのはムリ」といった話。

 

性癖が合わない

たとえば、男性がMで女性もM気質という具合に性癖が合わないとか、セックスをする最中の喘ぎ声や発言、ちょっとした癖などが、幻滅に繋がるケースも結構あるようです。
そして当然ながら、そういったものは裸の付き合いをしなければわかりません。

筆者の親しい男性同僚は、清楚な雰囲気の女性と付き合うつもりでエッチしたら、ドSの女王様で「これは無理だ」と撤退したそうです。
性癖は普段の生活では見抜けない部分がありますので、エッチをしてから気持ちが冷めた、というのは男性には「あるある」なのかもしれません。

 

最初から付き合う気がなかった

非常に悲しいケースですが、男性側に最初から真剣交際するつもりがないと、曖昧な関係に陥ってしまいます。
また、本命彼女がいないしエッチもしたいけど、本命にするには物足りなく、セフレがちょうど良いとなれば、男性だけが得をするズルい付き合いが続いていくでしょう。

こういう場合は残念ですが、良い勉強をしたと思って潔く別れを決意するべきです。
女性側がどれだけ真面目に口説こうとしても、安易にキープ彼女を作るようなオトコはなびきませんし、結局浮気されたなど良い結果にはならないはずです。

 

エッチまでして曖昧な付き合いがしばらく続いたのに、男性から「付き合えない」と言われてしまった時、引き留めるよりは潔い別れを決断する方が良いでしょう。
男性側が、ある程度の時間をかけてNOという結論を出したのですから、それを翻すことは簡単じゃありません。

むしろ、相手が自分も気づかない「お互いの合わない部分」を見つけてくれた、と考えて感謝するべき。
どうにかこうにか交際を続けたとしても、いつかはうまくいかない部分が露呈するはずです。
ならば、早い段階で続かない恋には見切りをつけるのが賢明でしょう。

悲しむ必要はありません。
残念ですけど、次の恋を探した方が幸せを手に入れるには近道だといえます。

 

【Photo】linspiration01

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから