カーセックスするときに気をつけることって?

車の中という、普段とは違った雰囲気が楽しめるカーセックス。そんなカーセックスで女性が押さえておくと役立つ、気遣いのポイントを3つご紹介します。

カーセックス

カーセックスのポイント①場を楽しむ

まずカーセックスの目的が、ホテル代を節約したいという理由であっても、決してその話題には触れないようにしましょう。いくらカーセックスが嫌でも、金銭の話題を男性に出すと関係が悪化する可能性があります。

なによりカーセックスの醍醐味は、いつ誰に覗かれるか判らないというドキドキ感を楽しむことです。そして男性は、女性の怯えている姿や恥ずかしがっている姿を見たいと思っています。少し嫌がるそぶりを見せつつ、心の中で場を楽しむことができれば完璧でしょう。

 

カーセックスのポイント②興奮しても控えめに

カーセックスという場の雰囲気に興奮しすぎても、大きなあえぎ声を出したり、激しく腰を動かしたりするのは控えた方が無難でしょう。なぜなら、それによって外の誰かに気付かれてしまうかもしれない上に、ドキドキ感が薄れてしまって、ムードが壊れる可能性もあるからです。

また、狭い車内で激しく動きすぎると、身体があちこちに当たり、自分だけでなく、彼まで後日アザだらけになってしまうかもしれません。興奮することはとても良いことですが、興奮しすぎて我を忘れないようにすることが肝心です。ポジション取りに気を付けたり、周りの様子も定期的に伺うなど、冷静に対処しましょう。

 

カーセックスのポイント③汚れに気を付ける

カーセックスでは、体液が飛び散って車内が汚れる可能性が高いです。シートは特に後処理が大変なので、できる限り車内が汚れないように気を付けましょう。

汚れそうな場所には手持ちのタオルやハンカチなどを敷き、脱いだ服やバッグなど、汚れて困る物は離れた場所に移動させます。仮に汚れてしまっても、できるだけ早めに拭き取り、被害を最小限に抑えましょう。

 

最後に

カーセックススポットとして紹介されている場所は、覗き目的で訪れる人もいるので、そういった場所でのカーセックスは避けた方が良いかもしれません。是非これらのポイントに気を付けて、思いっきりカーセックスを楽しんでください。カーセックスにおいても『気遣いができる女』を見せることができれば、彼の評価は一段と上がるでしょう。

※本記事の内容は自己の責任において、法やモラルに触れないようお楽しみください

(オトナの恋カツ編集部)