カーセックス初心者のために役立つアドバイス

狭い車内でのセックスは窮屈に思う人もいる一方で、より密着感があって好きという人もいますよね。今回はカーセックス初心者の方のために、いざというときに役立つ体位をご紹介します。それではさっそく見ていきましょう!

カーセックスの体位

カーセックスの魅力

カーセックスの魅力

1908年に安価な自動車として発売されたT型フォードは、一般庶民からの支持を受けて瞬く間にアメリカ全土でモータリゼーションを促進しました。自動車が全米で普及していった背景には、第一次世界大戦後の好景気や道路網の整備などと並び、若者たちがカーセックスを発明したことも理由のひとつに挙げられます。

「移動式モーテル」と呼ばれ、カップルでドライブデートを楽しむことが流行になったのです。100年以上経った今も、人のやることはあまり変わらないということでしょうか。

カーセックスの最大の魅力は、時と場所を選ばずにお互いのスイッチが入った瞬間からセックスを始められることにあります。いつもと違う場所での非日常感や、外から見られるかもしれないスリルもあり、やみつきになってしまう魅力がいっぱいです。

 

カーセックスをするなら運転席や助手席で

カーセックス
運転席か助手席、どちらか片方が相手の上に移動するパターンです。キスをしたり、いちゃいちゃしているところからひとりが場所を移るだけなので、スムーズな流れで続きに移動できるのが利点です。

男性が上になるなら正常位、女性が上になると対面座位。狭さがネックになりますが、座席のリクライニングを調整して、少しでも楽に動ける体勢を見つけましょう。

フルフラットにできる座席であれば、男性が仰向けになる騎乗位もおすすめです。さらにアレンジとして、座っている男性の上に背中を向けて座る背面騎乗にもトライしてみましょう。

女性は運転しているのと同じ体勢なので、前方はもちろんミラーにも目を配れば周囲に人が近づいてくることを察知することができて安心できます。また、もしも人が来た場合でも、男性がブランケットなどを使ってカモフラージュすることも可能です。

女性が接合部をこすりつけるように動けば、激しいピストン運動をしなくても快感を得られやすいのもおすすめのポイント。周囲からの視線に配慮して、車体が揺れるのを防ぐために役立つアイディアです。

カーセックスの体位

後部座席でもカーセックス

後部座席でもカーセックス

後部座席ならフロントシートよりも広く空間を使えますし、フルフラットの座席であればベッドと同じように楽しむことができます。

天井の低さが気になるときには、寝転がって側位で交わるのがおすすめ。横たわったままでの69も、盛り上がるポイント! ひとつの体位だけではなく、ポジションを変えながらバリエーションをつけていくことも可能です。

遮光カーテンなどで目隠しをして、安心して行為に専念しましょう。

 

カーセックスの際は、女性ならではの気づかいを

カーセックスの際に女性ならではの気づかい

「今日、もしかしたら……? 」ドライブデートの前に心の準備をしておけば、いざというときに焦らずスマートにふるまえます。

服装はパンツスタイルだと脱ぐのが大変なので、カーセックスの時には、スカートやワンピースが最適です。バッグのなかにティッシュペーパーやウェットティッシュをさりげなく用意しておけば、彼にも喜ばれるのではないでしょうか。

くせになってしまうカーセックス

くせいになってしまうカーセックス

 

カーセックスは注意しながら楽しんで

いかがでしたでしょう、次のデートのドライブが楽しみになってきましたか?
楽しいカーセックスですが、他人に見られると公然わいせつ罪になってしまいますし、のぞきや盗撮の危険性もあります。

遮光カーテンを利用するなどくれぐれも注意して、ドライブデートを楽しんでくださいね。

(オトナの恋カツ編集部)