お尻を叩く男

スパンキング好きの彼氏には特徴があった

エッチの最中に、お尻を叩かれたこと(=スパンキング)がある女性はいますか? 優しく叩かれたことならあるという方、赤くなるくらい激しく叩かれたことがあるという方、それぞれいらっしゃるかと思います。お尻をやたら叩く男性の特徴について、知っておきましょう!

お尻を叩く男

「お前は俺のモノ」という独占欲が強い

お尻を叩くクセのある男性は「お前は俺のモノだ…」という意識があり、独占欲が強い傾向がみられます。彼女である女性に対してとても愛情を持っているにも関わらず、真っすぐ素直に愛するというよりも若干ゆがんだ愛の注ぎ方をしてしまう男性です。

独占欲が強く、あなたがほかの誰のモノにもならないように、自分のモノだという意味を込めてお尻を叩くのです。

その行為を可視化したものが、キスマークを付けるという行動。お尻を叩く行為は、叩く強さによって痕に残るかどうかが変わりますよね。可視化されるかどうかは刺激の強さ次第という側面があるものの、叩く行為そのものに“俺だけに叩かれなさい”という意識があります。スパンキングする男は、独占欲が強いのです。

 

あなたをMだと思っているはず

「手首をつかまれて色々されたり、恥ずかしい体制でじーっとカラダを見られたり……多分、彼はわたしのことをMだと思ってます。確かに、Sではないかもしれないけど、お尻を叩かれるのはちょっと…と思いますね」(20代女性・会社員)

彼女がMだと思い込んでいる男性は、お尻を叩いたりする傾向が見られます。お尻を叩くことで彼女のM願望を満たすと同時に、自分が主導権を握る楽しさをかみしめているのでしょう。わたしはMじゃないのに……ともどかしい思いをしているのであれば、彼にソッと伝えてみてはいかがでしょうか。

 

快感につながる“盛り上げ”行為だと解釈

「女性のお尻をパンパン叩きながらのエッチって、とってもいやらしいと思いません? 俺的にすごく興奮するんですよ。彼女も、叩かれると声あげたりするので、エッチな気分を盛り上げるのには最高のパフォーマンスだと思います。だから結構な頻度でやってますね」(20代男性・自動車製造)

気分が盛り上がらないとできないのがエッチ。お互いの気持ちをより高ぶらせるために、多少お尻を叩いたほうがいやらしさが演出出来て良いのでは?という男性目線の意見もありました。

 

お尻を叩くのは、女性的には好みの分かれる行為。でも、男性側はそうあまり深く考えずに行っていることが多いようです。性格的にもゆがんでいるということではなく、あくまでもエッチする相手を思っての行為なので安心しても大丈夫そうです。

(きえお/ライター)

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから