彼が悦ぶ前戯の定番はフェラ。これだけは覚えてほしいテクニック

前戯において女性から攻めていく行為として定番なのが、ペニスを女性の口で刺激するフェラチオです。今回は、思わず彼が虜になる前戯としてのフェラチオテクニックをご紹介します。

pigeons-50005_960_720

焦らすことがポイント

彼から受ける前戯のように、女性の攻めであるフェラも「焦らし」がポイントです。「早く口に含んで気持ちよくして欲しい」と男性に思わせるために、始めからペニスを触ってはいけません。

キスから始まり、首筋に舌を這わせ、徐々に目標地点へ向かっていきます。乳首が感じやすい彼には、寄り道して愛撫してあげましょう。

下半身へ近づいてきたならば、太ももや脚の付け根を攻めて、陰嚢(いんのう)を攻めます。手のひらに載せて転がしてみたり、指先や舌先でつついてみたり、揉んでみたり……男性の急所でもある非常にデリケートな部分なので、中の睾丸(こうがん)を意識しながら攻めてあげてください。

 

舌を使って攻める

ice-cream-865126_960_720

彼の亀頭から我慢汁が出始めたらペニスの愛撫に移ります。舌を使ってアイスクリームを舐めるようなイメージでペニスの上下を舐め回してみてください。舌の表面のザラザラ感が快感になるので、舌全体を密着させるように舐め上げましょう。

亀頭やカリ部分、裏筋を攻める場合は舌先を使います。ペニスの中でも敏感な箇所ですので、小刻みに動かしながらを刺激してください。舌を使いつつも、ペニスにキスをしたり自分の胸や乳首を押し付けてみたり、ゆっくり堪能するかのように愛撫してあげましょう。

 

更に快感へ誘う

blue-eyes-237438_960_720

舌を使った愛撫により、ペニスからは我慢汁が大量に出てくると思いますので、ここで初めてペニス全体を咥えてみましょう。しかし、まだピストン運動を開始するのではなく、咥えたまま舌を裏筋で転がします。

次に亀頭を口で包み込むように含んで、舌先でカリや尿道を刺激してみてください。再びペニス全体を深く咥えて舌使いを忘れないように、ゆっくり上下しながら軽く吸い付いてみましょう。

このとき、口やペニスが乾いたままフェラをすると、気持ちいいどころか痛くなってしまうので女性は口内を唾液で満たしておいてください。唾液が出にくい方は、前戯の前に酸っぱい系のグミやキャンディー、ドライフルーツなど唾液の出やすい食べ物を食べておくといいかもしれません。

 

激しくピストンする

lake-543307_960_720

ピストン運動をだんだん速めていき、彼にはもっと快感を味わってもらいます。亀頭が喉の奥にぶつかるほど深く咥えたり、カリまで戻ったり出し入れをしてください。

決して口からペニスを出さないで唾液たっぷりに、舌は裏筋に密着させながらピストンします。唾液が多めの方が潤滑剤の役割をしてくれますし、「ジュボジュボ」と音を立てることができますので興奮度は増すでしょう。

口に咥えてフェラをするときの注意点は絶対に歯を当てないようにすることです。歯が当たると、それだけで男性は萎えてしまいますので気をつけてください!

 

愛を持って彼のモノに触れる

上手くできなくても頑張ってフェラをしてくれる女性の姿に、きっと男性はキュンキュンきているはず。フェラが嫌いだったり苦手であっても、いやいやながらやっている感は決して出さずに、「どうしたら気持ちよくなれるの?」と会話しながらやってみてください。前戯フェラを頑張って大好きな彼を骨抜きにしてあげましょう!