付き合ってある程度の期間が経ってくると、セックスのパターンが固定化して“儀式”のようになってしまいがち。

不満があっても彼には言いづらいのでは?

何年付き合っていても、マンネリにならない気持ちいいセックスを続けている男女に秘訣を聞いてみました。

何年経っても気持ち良いセックスができるカップル

サービス精神旺盛で好奇心の強い相手を選ぶこと

「テクニックは練習すれば上手くなるけれど、『もっと上手くなりたい。相手を気持ちよくさせたい』というサービス精神や好奇心を持ってる人って少ないと思います。

そういう相手とだったらお互いに『ここはどうしたらもっと良くなる?』って対話もできるし、ずっと飽きない。

だから、早めにそういう相手かどうかを見極めるのが大事だと思いますよ」(男性/33歳/エネルギー関連会社勤務)

自分と同じくらい好奇心旺盛な相手を選ぶのが大事なのだとか。

「相手選びにかかっている」という意見ですが、確かに探究型のカップルだと次々に新しい快感を得る方法を思いつくので飽きなさそうですね。

“セックスのタブー”を作らない

「『そんなの絶対無理』って相手の要求を頭から拒まないことですかね?

例えば私が彼に『目隠ししてみてもいい?』って聞いて『そんなの絶対しない』って言われたらテンション下がるけど、応じてもらったら新しいことを試せるわけで。

「これはダメ」を作りすぎるとワンパターンなエッチにしかならないと思います」(女性/26歳/人材派遣会社勤務)

同じ相手とセックスしていると、毎回同じような時間に始めて同じ体位で終える……というようにワンパターンになってしまいがちです。

かといって、毎回新しいことを試すのも大変ですよね。

「こんなことしてみたいな」と思ったことを頭ごなしに否定せず、受け入れる器量を持つこともずっと気持ちいいセックスを続けるヒントになりそうです。

毎回褒める

「彼が外国人なのは大きいと思うんですが、毎回すごく褒めてくれるんです。やっぱり褒められると気分もいいし。

もしかするとエッチそのものより褒め言葉が嬉しいのかもしれない。

私も褒めるクセがついたし、お互いに褒めまくってますよ」(女性/29歳/英語講師)

エッチを褒め合うなんて恥ずかしい……と抵抗がある人も多いかもしれませんが、確かに褒められて嫌な気分になる人はいないですよね。

毎回さりげなく「ここが良かった」と褒めながら伝えることで、”自分好みの方法”にカスタマイズしていける効果も高そうです。

努力なしで気持ちいいセックスは作れない

キスの仕方や肌の感覚など、最初からある程度“相性がいい”相手はいるかもしれません。

でも、人間って飽きる生き物です。ワンパターンなセックスを繰り返していたら、そのうちマンネリ化してしまいます。

そうならないためには、お互いある程度の努力は必要なんですね。“褒め合う”などはすぐに取り入られそう。少しずつ試してみてはいかがでしょうか。

(上岡史奈/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)