仕事が忙しかったり、出産後タイミングがつかめなかったりして、“ご無沙汰”になってしまうことってありますよね。

そこで今回は、“ご無沙汰”だった夫の、エッチなスイッチをONにするテクをご紹介。

やってみる価値、アリです!

「ご無沙汰」だった夫のエッチなスイッチが入る瞬間

いつもとちがう服でアピール

朝早く出勤して、夜遅く帰ってくる旦那さまの場合、下手をするとあなたのパジャマ姿しか見ていないことがあります。

いつも色気むんむんの格好を、ということではありません。“ご無沙汰”な夫のスイッチを入れるためには、たまにいつもとちがう服を見せるのがポイントです。

たとえば、身体のラインにピッタリフィットするニットワンピースなどを取り入れてみて。

できれば下着もつけて、美ラインを強調します。

また、外出モードのままで「おかえり」と迎えるのも効果的。

スーツなど、仕事着でもOK。結婚式から帰ったときに、そのままドレスでなんてシチュエーションがあれば、ぜひ活用してみてください。

「あれ……? 今日はなんだか……」と夫に思わせることができれば大成功! いつもよりもきれいな姿で、ドキっとさせちゃいましょう。

お酒を飲んでボディタッチ

たとえるなら、お酒は“防御”を弱め、ボディタッチは、“攻撃”と言えるでしょうか。どちらもエッチのスイッチとしては効果的ですが、“弱らせて責める”という合わせ技にすると、さらに効果抜群となります。

お仕事や育児、家事などでお疲れだとは思いますが、まずは夫と一緒に晩酌してみましょう。

その場で、「マッサージしてあげるよ」と身体をほぐすのも良いですし、お酒を飲みながら手をつないでみたり、肩にもたれかかったりしてみるのも◎。

お酒は心拍数をあげてくれますので、余計にドキドキしてくれるはずです。

ベビーパウダーマッサージ

じつは、このベビーパウダーは、肌触りが良く、低刺激で香料控えめ。マッサージにもぴったりなんです。

まずは彼の全身をほぐし、少しリラックスしたところで、“ベビーパウダー”を使いましょう。手のひらにパウダーをつけて、彼の全身を優しくマッサージしていきます。

ローションだと少し狙いすぎですし、後処理も大変……。

パウダーなら最悪そのまま就寝できるので、旦那さんも警戒無く受け入れてくれるはずです。

ベビーパウダーの感触自体が、柔らかくてなめらかで、「女性に触れられている」という感触にひたれるはず。

せっかくなので、性感帯を少し勉強して、重点的に攻めてみましょう。

おわりに

一度止まった機械を動かすには、ウォーミングアップが必要です。ご無沙汰な夫のスイッチを入れるためには、“控えめ”かつ“強く“攻撃することがポイント。

みなさんも、ウォーミングアップから始めて、久々に燃え上がってみませんか?

(矢島 みさえ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)