好きな男性だからこそカラダを許したけれど、付き合っているのか分からないといった悩みを抱えている人っているのではないでしょうか。

しかし、「セフレになってしまったのかな」と悲しみに暮れるにはまだ早い。

セフレから彼女に昇格することだってあります。今回はそんな瞬間をご紹介します。

「彼女とのデート」に悲しそうな表情

「セフレには彼女の話をしていたんですよね。本命がいるって分かってカラダの関係になったわけです。
でも、『彼女とのデートがあるからその日は会えない』とていった時にそこ子が『そっか、ごめんね』と言っきて。
凄く悲しそうな表情で気持ちが揺れましたね」(Nさん・27歳男性)

セフレとはカラダだけの関係。とはいえ、彼女のことを話すこともあります。

特に彼女と上手くいっていなかったら相談することも。

そんなときに気を遣わせまいと明るく受け答えをするけれど、ふとした瞬間の悲しそうな表情に男性は「本当に俺のことを好きでいてくれるのはこの子なのかも」と思うのだとか。

本音が言い合える関係に気づいた

「僕にはドストライクなかわいい彼女がいたんですけど、嫌われたくなくて本音が言えないことが結構あったんですよ。でも、セフレとはカラダだけの関係だから本音が言い合えた。
その関係の方が居心地がよかったんですよね」(Hさん・26歳男性)

釣り合いがとれていないような関係の場合、どちらかが無理をしていることがあります。

そんな人と付き合っていても全然幸せではないことに気がついて、セフレとの関係を思い返すのだとか。

セフレと関係を終わらせてから気がついたという人もいました。

彼女よりもセフレが自分のことをよく知っていた

「誕生日プレゼントを彼女から貰ったんですけど、それって彼女の自己満のためのプレゼントだったんですよ。
でも、セフレは『これ絶対好きだと思った!』って俺好みのタンブラーを買ってきてくれて。
この人としっかりと付き合いたいなって思いましたね」(Iさん・28歳男性)

プレゼント選びは難しいもの。相手の好みのものではなく、自分の好みのものを相手にあげてしまうといった失敗もよくあります。

そこで本命彼女と差がつくこともある様子。

彼女とは違った気遣いができるといったことも男性の胸に響くこともあるのだとか。

4:本命の相談をされた

「セフレからある日、『好きな人がいてさ、どうやってアプローチをかけたらいいかな?』って相談されたんすよね。
俺に惚れてるもんだと思ってたから嫉妬しましたね。それで『俺と付き合わないか?』っていったんすよ」(Wさん・23歳男性)

セフレとの関係が終わるかもしれないという状況になったときに本心に気がつくということもあります。

しかし、これは最後の手段。

別れるか、本命になるかどちらにしろ関係を終わらせたいといったときに使ってみることをおすすめします。

5:本命になりたいなら自分から動いてみるべし!

いかがでしたか?今回はセフレのことを好きになってしまった瞬間、好きだと気づいた瞬間をご紹介しました。

カラダだけの関係というのはむなしいもの。

できれば本命に昇格したいと思うのであれば、自分から動いてみるといいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)