ほろ酔い気分になると、異性に対して大胆になる人がいます。

シラフでは好きな男性を食事にも誘えないけど、アルコールの力を借りればボディタッチをしたり、好きな人の肩や二の腕にしなだれかかったりもできちゃうんですよね。

もちろん、それを一つのワザとして使っている人もいますが、お酒を飲むことで自然とそうなっちゃう人もいます。なんだか気分が大きくなって、気持ち良いことがしたくなるという思考が、意図せずに湧き上がるそう。

では、お酒と性欲のメカニズムとは何なのでしょうか?

酔うと性欲が

どうして、お酒に酔うと性欲が高まってエッチしたくなるのか?

酔ってトロンとした目をしながら寄りかかってくる女性を、男性は結構好きみたいです。

何となくでもイイ感じの雰囲気がすでにあれば、ホテルに誘ってもいいサインと見る男性だっているでしょう。

また、普段はなかなかお堅い男性が、お酒が入ることで『オオカミ化』するケースもあります。いつもは目立たない年下男性が、飲み会で意外な本性を明かし、高嶺の花の年上女性をゲット! なんて話は珍しくないのです。

そんな「酔っ払いマジック」を天然でしちゃう人って、すごいと思いますし、羨ましくも感じるのですが、お酒は具体的にどういう作用を心身へもたらしているんでしょうか?

筆者は結構呑めるクチで、カワイく「酔っぱらっちゃった!」なんて言ったこともなく、そんなセリフが似合うオンナでもないので、非常に興味があります……。

ドーパミンで本音があふれ出す!

泣き上戸という人もいるでしょうが、お酒を飲むと楽しくなる、気持ちが大きくなる、という人がほとんどです。

それは、「快感物質」であるドーパミンが分泌されるために出る態度・行動で、ドーパミンの分泌は脳の「視床下部」を刺激します。

脳の視床下部は本能的な欲望を司っており、人間の三大欲求である性欲も当然高まるんだとか。

だから、お酒を飲むとエッチがしたくなる人もいれば、普段よりも食欲が旺盛になる人もいますし、すぐ眠くなる人もいるということ。必ずしもみんなが、「飲む=エロくなる」という訳ではありません。

男性は、酔うとしたくなる?

お酒を飲むことでドーパミンが分泌され、脳の視床下部が刺激されて性欲が高まる……その傾向は、実は女性よりも男性に多く見られるものだそうです。

じゃあ、女性が生理的に性欲を高めるタイミングはいつなのかというと、「妊娠しやすい状態(排卵期)」を迎えたとき。

その頃にお酒を飲めば、ほろ酔い気分も相まって、性欲がグンと増すというのはあるかもしれません。

また、酔うとエロくなる人がいる、という『あるある話』を耳にすることで、アルコールが入ると性欲が高まるものだと思い込んでしまうケースもあるでしょう。

お酒によるドーパミンの分泌と脳の視床下部への過度の刺激は、女性にとっては意外にも、よくある話ではないのです。

お酒の力を借りるのはアリ?

最近では、恋に積極的になれない男女が増えていますから、生理的な反応であれ、『あるある話』の思い込みであれ、お酒の力を借りるのはアリだと思います。

とりあえず裸の付き合いを持ってから、恋の可能性があるかどうかを探ったって良いでしょう。

今どきは、恋愛の始まりに絶対的タブーなんてありません。どんなきっかけも大事にするべきですし、肉体関係が先行するとしても真剣交際するなら、それでいいじゃありませんか。

お酒を飲んで、「なんか、したいなあ」と思ったとき、自制するのは必ずしも正解じゃないといえます。
奔放に振る舞った先に、意外な恋が待ち受けているかもしれないのです。

(沙木貴咲/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)