彼とのエッチで毎回オーガズムに達している女性がいる一方で「エッチのとき、なかなかイケない……」と悩む女性も案外多いもの。

今回は、そんな“イケない問題”を抱える女性たちの悩みにクローズアップ。

悩みに対する解決法も一緒にみていきましょう!

イクふりするべき?彼でイケない女性の「あるある」な悩みとは

毎回「もうちょっと!」のところで終わってしまう

「彼とのエッチは気持ちいいんです。……でも、毎回『もうちょっとでイキそう!』ってとこで終わっちゃうのが悩み。いつかイケる日は来るのかなぁ」(26歳/派遣社員)

「あともうちょっとだったのに……」は女性にとってあるあるな悩み。

「イケるかも」というときに彼が果ててしまうと、思わずがっくりしてしまいますよね。

そんな悩みを持つ人には騎乗位でのエッチがおすすめ。

女性が主導権を握れる体位なので、自分の思うように快感をコントロールすることができるんです。

最初のうちは思うようにイケないかもしれませんが、慣れてくると“自分の一番気持ちいいポイント”が分かるようになってきます。

女性が彼の上で乱れる姿を視覚的にも楽しめる体位なので、彼もきっと喜んでくれるはず♡

イクふりはするべき?

「エッチの後、彼に『イッた?』って聞かれたときに気まずいから、何回かに一回はイクふりしてます(笑)でも本当はイッてないから、なんだかもやもやしますね……」(28歳/アイリスト)

彼を喜ばせるためにイクふりをする女性も少なくはないでしょう。

相手を思いやる気遣いはもちろん大切、でも本当にそれでいいのでしょうか?

エッチは彼との大事なコミュニケーション。できれば本音でぶつかり合いたいもの。

それに、女性のイクふりって意外に演技だとバレていたりするんです。

でも、イクことだけがすべてではありません。

彼に「イってなくても、気持ち良くて幸せ♡」ということを伝えてあげるのも一つの方法です。

一人でするときはイケるのにエッチではイケない

「恥ずかしいけど、私一人でするときは何回連続でもイケるんです(笑)でもエッチとなるとなかなかイケない。それが悩みです」(29歳/保育士)

自分でしたらイケるのに、エッチではイケないという女性もいるみたい。

そんな女性に多いのが、脚をピーンと伸ばしてする通称「脚ピンオナニー」

足を伸ばすことで、下半身の筋肉が緊張して、オーガズムに達しやすくなるんです。

この方法、脚を伸ばした状態でないとイキにくいのがデメリット。

脚を伸ばしにくい体位だと、なかなかイクことができません。

「もしかして」と心当たりがある人は、彼とのエッチに脚を伸ばせる体位を取り入れてみて。

そうすると、意外に簡単にイクことができるかも♡

彼と二人で気持ち良くて幸せなラブタイムを♡

今回は「エッチでイケない……」という女性たちの悩みをご紹介しました。

あなたに当てはまるものがあったなら、ぜひその解決法を試してみてくださいね。

エッチは彼とあなたをつなぐ大切なスキンシップ。お互いにとって最高のエッチができるといいですね♡

(オトナの恋カツ編集部)