エッチ中に演技をするのは、女性ばかりじゃないことを知っていますか?

今回は、男性が気遣いからしているエッチ中の演技について、男性のエピソードを交えながら紹介します。

じつは演技かも…?男性がする「エッチ中のひそかな気遣い」3つ

下着・ランジェリーを褒める

「『下着かわいいでしょ』って彼女に聞かれて一応乗ったフリするけど、ぶっちゃけどうでもいいです。
大切なのは中身と、これから始まるめくるめく世界でしょ!」(24歳男性/建設作業員)

「『すぐに脱がせる下着に凝って、どうすんだよ』って考えの男は、うじゃうじゃいますよ。
『めんどくせー』って思いながらも、機嫌を損ねないように褒めてる奴が多いはず」(25歳男性/銀行員)

実際のところ、「ランジェリーにはまったく興味がない」という男性が多数でした。

というのも、ムラムラした時点で意識はすでに女性の裸に向いているから。

まったく色気のないものはナシですが、背伸びして高級なランジェリーを買う必要はないかもしれません。

前戯や奉仕で感じたフリをする

「歯が当たってめちゃくちゃ痛いフェラに、演技して必死に耐えたことがあります。
彼女が初めて奉仕してくれたから、下手でも気持ちがうれしかったんです」(28歳男性/経営コンサルタント)

「普段よりも喘いだり、いやらしい言葉を浴びせたりするときは、演技だと思います。
僕も気分が乗らないときにはできるだけ自分で自分を奮い立たせてます」(24歳男性/経理事務)

彼女の気持ちを汲んで演技する場合もあるよう。彼の様子で「普段と違う」と感じたら、演技が入っているのかもしれません。

普段、あなたがエッチで受け身であれば「してほしいことある?」と彼に聞いたり、自発的に動こうという姿勢を見せたりするとよさそうです。

イッたように見せかける

「体調が悪かったりアルコールが残っていたりすると、普段は絶倫気味でもイケないことがあって……。
そんなときは、アソコをピクピクさせてイッたフリをしてます」(23歳男性/大学院生)

「ようやく落とした元カノ、初エッチでいざ挿入してみると緩くって……。
猛ピストンしてイッたフリをし、すぐ抜いてからコンドームを手早く処理した経験があります」(21歳男性/美容師)

コンディション次第で、男性も気乗りしない日があるよう。

彼の状態を観察して、疲れているようならエッチはしない方がよさそうです。

また、彼にたくさん感じてもらうために、日ごろから膣を引き締めるトレーニングをするのもおすすめ。

演技かな?と感じても

エッチの最中に「演技クサイ……」と感じたら悲しくなるもの。

しかし、多くの男性は大切な女性にしか演技をしないようです。

再び求められるのであれば、彼から身も心も愛されていると安心していいでしょう。

(オトナの恋カツ編集部)