こっちはいつでもOKなのに、なかなかやる気の出ない彼をどうにか誘いたい……でも、ストレートに「しよ?」なんて、恥ずかしくて言えない!

そんな女性は多いですよね。

そこで今回は、彼をその気にさせるテクを3つご紹介いたします。

『大好きな彼とステキな夜を過ごしたい!』そう思ったら、次のことを試してみてください。

ラブラブな気分に!彼と素敵な夜を過ごすための3つのテクニック

素直におねだりする

素直におねだりすると言っても、ガツガツ行くと男性は引いてしまいます。

まずは彼にOKサインを出すところから初めてみましょう。

隣に座ったときに彼の太ももに手を置く、腕を組んで歩いているときに体をぴったり密着させるなど、彼がドキっとするようなスキンシップを取ってみてください。

その内、彼の方からもあなたにスキンシップを取ってくれるようになればこっちのもの。

いい時間になってきた頃に、あなたの方からさりげなくキスを求め彼がそれに応えてくれれば、そのまま仲良くすることが出来るでしょう。

これからするっていうときだけロマンチックなムードを作るのではなく、その日会ったときから少しずつムードを盛り上げていくことが大切ですよ。

ギャップを見せる

外では手をつないで歩く程度でも、家に帰って来て2人の時間になったときは、彼に甘えてみてください。

隣に座って肩に頭をもたれかける、彼の膝に寝転がって膝枕をしてもらうなど、2人の時間にしか出来ないスキンシップを取るのです。

さっきのスキンシップと少し違うのは、外では全くそういった雰囲気を出さないという事。

2人だけの時間のあなたと、周りに人がいるときのあなたのギャップに、彼はドキドキしてくるはず。

彼が座っている後ろから、そっと抱きしめるのも良いかもしれませんね。

普段見せない顔を彼に見せ、反応を楽しむような挑発的な態度もチラ見せすると、マンネリ化も防げるのでオススメです。

いつもは彼から誘ってくるのを待っているあなた、次はあなたが彼を誘ってみてはいかがですか?

あなたから誘うことで彼もやる気がUPし、情熱的な時間が待っているかもしれませんよ。

お酒の力を借りる

どうしても自分から誘うのは恥ずかしい…そう思う方はお酒の力を借りてしまいましょう。

彼と一緒にお酒を飲んでいい感じに酔って来たら、「酔っぱらっちゃった~」と、彼にそっとくっ付いてみて。

アルコールは理性のはたらきを緩めますので、もしかしたらこれだけで彼もその気になるかもしれません。

また、お酒を飲んだときの潤んだ瞳で彼を見つめると、彼もタジタジ。

言葉にしなくても気持ちが伝わるようなボディランゲージをすることによって、言葉以上のセクシーさを纏い、彼をその気にさせることが出来ますね。

ただし、緊張のあまり飲み過ぎて具合が悪くなってしまう、という事態は絶対に避けたいところ。

自分のお酒が飲める量をしっかり考えて飲むようにしましょうね。

彼をメロメロにするには…

「今日はどうしてもしたい!」と思ったときにはこれらのことに挑戦し、彼にはどの誘い方が有効的なのかを確認してみてくださいね。

さらに、普段自分から誘わないような人がこれらの方法を試すことで、かなり高確率で彼をその気にさせることが出来ます。

ぜひマスターして、彼の心も体もあなたの虜にしてしまいましょう。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)