何もベッドは眠るためだけの場所ではありません。2人の愛と絆を深める場所でもあるのです。

今回は、男性が愛する女性にベッドでしてもらえると、とてもハッピーになれることを3つご紹介します。彼とますますラブラブな仲になるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

色んな話をして欲しい

「彼女の優しいトーンの声を聞きながら夢の世界へ……これって最高に幸せ。話す内容はなんでもいいんです。最近見た映画のこと、美味しかったカフェのこと……。とにかく、大好きな人の声をBGMにして一日を終えたいんです」(30歳/教職)

フカフカのベッドで愛する人の声を聞く……。世の中に、こんなに安心できることはあるでしょうか?

一日の最後に聞く声は、愛する人の声でありたい、そう思いませんか?それは男性も同じこと。彼らは、大好きな彼女のたわいもない話を聞きながら眠りにつけば、きっと良い夢が見られると思うのです。

ぎゅっと抱きしめて欲しい

「日中は色々仕事で気を張ってるから、ベッドでは彼女に癒されたいです。彼女の胸に顔をうずめて、何にも考えずに眠りにつきたい。暖かく柔らかい胸に包まれたら、もう言うことなし!きっと明日からも頑張れます」(27歳/総合商社)

ベッドで彼女を一番近くに感じたい、そう思っている男性は少なくありません。

愛する人のぬくもりを肌で感じると何よりの幸せを感じるもの。いつもは彼に腕枕をしてもらっているあなた、たまには彼を優しく胸に抱いてあげましょう。きっと彼は、この上ない安らぎを感じられるはずです。

髪を優しくなでてほしい

「ベッドの中では、なんていうか、彼女の女の部分を見たいのはもちろんなんだけど、それよりも母性を感じたいなぁ。いつくしむようなまなざしで僕を見つめながら、優しく髪をなでてほしい。『大好きよ』、『いつもお疲れさま』なんて、ねぎらいの言葉もセットでついていたらパーフェクト!」(32歳/衣料品メーカー)

たまにはベッドの中で子供に戻って甘えたい、と思っている男性も多いものです。最近、彼がちょっぴりお疲れ気味だなぁ……と思ったあなた、ベッドの中で彼を優しく癒してあげましょう。

優しく髪をなでながら、愛の言葉を心を込めて囁いてあげて。きっと彼は、疲れがとれていくのを実感できるはず。

終わりに

その日どんなに辛いことや腹が立つことがあったとしても、終わりよければすべてよし。きっと明日はいいことがある、と思えるものです。

あなたがベッドで彼を満足させてあげることができれば、彼はきっと心から癒されて満ち足りた気持ちになるはず。そして、そんなあなたをますます愛おしく感じることでしょう。

(オトナの恋カツ編集部)