男性って、どうして風俗に行くのでしょうか?

女性にはわからない世界、風俗……気になる男性や彼氏が行っていたら複雑な気持ちになるかもしれません。

今回は、男性がなぜ風俗店に惹かれるのか、そして実際に行ったらどんなことを思うのかについて、本音に迫ります!

男性が「風俗に行って思うこと」風俗へのホンネとは?

彼女がいない男性は「人肌」を手に入れるのはムリ…

お付き合いしている女性がいれば、意気投合してエッチなことが出来るかもしれません。

でも、彼女がいない男性にとっては、そんなことは夢のまた夢。風俗は、そんな“自己処理”するしかない男性にとって「人肌」を体感できるとっても貴重な機会なのです。

「わかってもらいたいのは、自己処理だけだと切ないということ。
女性は不要かもしれないけど、それでも誰かに抱きしめてもらいたいときってあると思うんです。
でも人肌に触れる機会が無いと、そういうことも出来ない。だから行くんです。そしてスッキリしてくるんです」(30代男性・会社員)

人肌に触れたくなる…そんなとき、お店に行けば満たされる。

その葛藤をした結果、割り切って風俗に足を運ぶということがわかります。

人肌が恋しい夜、女性はただ耐えるだけ!でも男性にはそれを満たしてくれる場所として認識されているようですね。

お金はかかる。でも、その価値があると思う

男性の夜遊びにはとってもお金がかかるイメージ。

しかし、その価値があるからこそ足を運びたくなる……デリケートな問題だからこそ、多少の額を払ってでも満たされたいという気持ちなんだとか!

「風俗が高いというよりは、そういうものだと認識しています。
だって、女性だってそういう仕事をして大変でしょうから。でも、その価値があると思って行きます」(20代男性・土木関係)

お金はかかるもの……相手をする女性のことも考えて、妥当だと思っているようですね。

「高くても、価値がある。そういうとこに行かないと、スッキリ出来ないんですもん」(40代男性・自営業)

男性のいう“スッキリ”が気になるんですよね。

女性には無い感覚なので、なぜそこに多額を使えるのか…と、リアルな意見を聞いてもまだまだ不透明です。

風俗嬢は性の対象。それ以上でも、それ以下でもない!

中には彼女がいるのに風俗に行く人もいて、男性不信に陥る人もしばしば。

でも、男性にとって風俗嬢はあくまでも性の対象。それ以上でも以下でもないという主張です。

「それを浮気だという女性もいますけど、男って風俗は風俗。
それだけの関係だし、なんの情もわいたことがないです」(30代男性・公務員)

自分以外の人とエッチしに行っちゃうなんて……と複雑な気持ちになるものです。

でも、男性としては彼女のことは大事だからこそ出来ないプレイがあるようで、やりたい放題しに風俗に行くという意見も。

「彼女とは、自分の気持ち良さよりも彼女のことを優先してエッチします。
したいプレイはあるけど、彼女がイヤがったらしないしできない。
そういうことを好き放題出来るのが風俗のいいところであって、それは浮気でもなんでもない」(30代男性・飲料販売)

彼女に出来ないようなハードなプレイもできる……

そういう魅力があって風俗に足を運ぶ男性がいるということも覚えておきたいですね。

「終わった後」は何とも言えない切なさが…

なにかと自分を正統派するような意見が多く聞こえた気がする、この「風俗問題」。

でも、男性にだってモヤモヤはあるんだとか。

「結局、終わったあと身体は軽くなるけど財布も軽くなる。
なんともいえない喪失感というか、切なさが残るもんです」(40代男性・調理師)

モヤモヤを抱えるのは女性だけではないみたいですね。

あなたは風俗に行く男性、許す?許さない?

必要に応じて利用する男性と、そういった場所へは行かない男性……様々ですが、あなたは風俗に行く男性を許せますか?

彼がそういったお店でスッキリしてきたら、心穏やかで居られるでしょうか。

イヤである場合は、彼に前もって相談をしておく必要があります。

折り合いをつけていってこその交際ですから、イヤなことはしないでもらうのがイチバン!

それでも隠れていくようなら、彼に落ち度があるといえます。

しかし、自分の気持ちを伝えずにいて、結果行ってしまってからケンカをするようでは後の祭り。すれ違いは改善されず、交際が破たんしてしまいます。

男と女のすれ違い、性に関するデリケートな部分をしっかりクリアにすることで、彼との関係がより良いものになることでしょう。

皆さんも、風俗問題について一度向き合ってみてはいかがでしょうか。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)