エッチの際、とても敏感で反応してしまう――そんな女性はたくさんいると思います。

反対に「彼が喜ぶからオーバーアクションをする」……いわゆる演技をする、という女性も少なくありません。

男性はその違いにほとんど気づけないもの。ではなぜ彼らは見抜けないのか?その理由を考えてみたいと思います。

女性のほうが一枚上手!エッチの演技を見抜けない男性の本音

男は演技をしない

見抜けない理由の一つとしては、男性が「ほとんど演技をしない」ことが挙げられます。

そして、「(俺は演技をしない)だから女もそうだろう」と思っているのです。

エッチでは、ほとんどのカップルが男性主導、そして女性は受け身という図式ではないでしょうか?

そのため、演技をするべきシーンがないのです。

また体の仕組み上「フィニッシュで演技した」なんてありえません。

だから演技についてほとんど考えることはなく、あまり理解でいないのかもしれません。

「演技かな?」と男が思うとき

そんな「演技見破れない族」の男性たちも、自分の相手があまりにもオーバーリアクションだったりしたら「えっ?」と思うでしょう。

もちろん、自分が知りうる教科書(元カノなど)と違いすぎるときも、不思議になることがあるかもしれません。

ただ、男性って基本「俺基準」なところがあります。そんなときでさえ「感じやすいね」とポジティブに思うでしょう。

どちらかというと、リアクションのない女性のほうを不思議に思うようです。これは「自分が女性を満足させられてないのではないか」と不安に思うため。

とはいっても「わかる男」もいます。わかるということは「最中も冷静な男」ということ。

まず冷静でいることは難しいので、ものすごく少数派です。

「よかった?」と聞く男

男性のこの発言は、「演技なの?」という意味ではなく、素で聞いています。

先述の通り、男性のほとんどが演技だなんて思ってもいません。

もし演技だと知ってしまったら、彼らの中では「女性を喜ばせる能力を全否定された」ことになるので、立ち直れなくなってしまうでしょう……。

この発言には「今日の俺の能力はどうだった?いつにも増してよかったでしょ」という確認の意味も込められています。もちろん「よかった」と答えてあげるほうが、良好な関係につながります。

彼女を満足させた、ということは、自分の満足度にも関係してきます。

ですから、よほど痛かったとか、ヘタだったなんてことでもない限り「とてもよかった」「すごく上手」「こんなの初めて」と彼を褒めてあげてください。

この“エッチを褒める”行為は、男性への大きな褒めどころの一つです。

能力を褒められるともっともっと相手を好きになるので、毎回言ってあげるとよいでしょう。

演技するのは悪いことじゃない

男性が女性の演技を見抜くことは難しいもの。

そして、お互いに相手を喜ばせることは仲良く付き合っていくためには大切なことでもあります。

女性側も少々オーバーなくらいで大丈夫。いつも彼を褒めてあげれば、いつまでも仲良くできるので、ぜひ実践してくださいね。

(たえなかすず/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)