最近話題になっているのがスローセックス。

ゆっくりと時間をかけて行うセックスのことですが、その醍醐味はいったいどこにあるのでしょうか?

今回は、多くの人を魅了しているスローセックスの良さをご紹介します。

「ゆっくり楽しむ」スローセックスって本当に気持ちいいの?

スローセックスって何?

まず、スローセックスの定義についてご紹介します。

【スローセックス】とは――

スローセックスの目的は、「オーガズムを得ること」ではありません。

お互いが肌を重ね合い、労わり合い気持ちよくなる時間を楽しむことが目的です。

ですので、言うまでもなく、スローセックスは愛し合い・信頼し合っているパートナーと行うことが大前提。

ゆっくりと時間をかけて、体はもちろん、心を満たしていくセックスのことを言います。

スローセックスを試してみた方からは、こんなご意見も。

「エッチがマンネリ気味だなって感じていたときに、雑誌で読んだスローセックスを試してみたんです。
なんだか、今までのセックスの定義をくつがえされたような気持ちになりました」(27歳/SE)

あまり外出できない今だからこそ、パートナーとの濃密な時間を過ごしてみては?

スローセックスの方法

スローセックスには、とにかくじっくり時間をかけた前戯が不可欠。思っている倍の時間をかけた方が良いです。

手のひらでソフトに髪の毛から脚の指先まで、じっくりと愛撫しましょう。

もちろん、パートナーにも同じだけ時間をかけて愛してもらうように優しくお願いしてみてください。

あくまでも目的はオーガズムを求めることではなく触れあうこと。優しくタッチするのが基本中の基本です。

このとき、お互い愛の言葉を囁きあうのもお忘れなく。充分に前戯に時間をかけたら、いよいよ挿入です。

挿入してからも、限界まで激しく動かず、ゆっくり一体感を楽しんで。挿入してからも最低30分程度は楽しむようにしましょう。

「スローセックスで、マッサージするようにお互いの肌を優しく触る時間が大好き。
指でそっと体のラインを隅から隅までなぞり合う感じ……。
体もそうですが、お互いの気持ちがつながっていくような感覚が味わえるので、幸せですね」(30歳/会社員)

スローセックス、何がいいの?

スローセックス、何がいいの?

何度も言うようですが、スローセックスはゆっくりと快感を高めていくもの。

少しずつ少しずつ蓄積された快感が頂点に達するとき、普段のセックスの何倍もの気持ちよさを感じることができるでしょう。

快感だけを求めるセックスではなく、肌を重ね合うことでの心のふれあいも大事にしているため、2人の愛や信頼関係をより深められることが何よりの魅力。

「時間をかけるスローセックスって、絶対好きな人としかできないじゃないですか?
ずっと触れ合っているからか、いつもより『大事にしよう』って思えますし、幸せな気持ちになりますね」(27歳/医学療法士)

「お互い焦らして焦らして……だから、最後の気持ちよさも半端ないですね」(30歳/ショップ経営)

スローセックスで愛を深めよう

長年同じパートナーとのセックスを繰り返していると、どうしてもマンネリになってしまいがち。

そんなときに導入したいのがスローセックスです。

お互いの肌のぬくもりを改めて実感できたら、2人の絆は、さらに深く固くなるに違いありません。

(オトナの恋カツ編集部)