エッチの最中、どうしても彼にやめてほしいテクがある……。

心の中ではドン引きなのに、一生懸命な彼に申し訳なくて、なかなか言い出せない……そんなこと、ありませんか?

今回は、女性が一瞬で冷めてしまうドン引きテクと、それをさりげなく回避する方法をご紹介します。

それはやめて~!エッチ中に彼がしてくるドン引きテクの回避法

エッチの最中に喋りすぎる

「とにかく彼ってエッチの最中にうるさいんです。
何度も何度も『気持ちいい?』って聞いてくるのがほんとうっとうしい。全然集中できないんです」(27歳/会社員)

「『どうしてほしい?』『今、どんな感じ?』といちいち聞いてくる彼にドン引き。
『うるさい!』って怒鳴りたくなっちゃいます」(30歳/歯科助手)

セクシーな気分を盛り上げようと、色々喋りたがる男性っていますよね……。

適度な言葉責めなら嬉しいけれど、最初から最後まで終始喋られると、うんざりしちゃうもの。

そんなときは、キス攻めにしちゃいましょう!彼の唇を塞いでしまうんです。

微笑みながら彼の唇に人差し指を立てるのもあり。

舐めればいいと思ってる

「女は舐めたら喜ぶと思ってるのか、とにかく体中舐めまくるんです。
なんだかベタベタして気持ち悪いし、犬とエッチしてるような気持ちになってきて、ドン引きです」(29歳/看護師)

「お尻の穴を舐められたのにはドン引き。二度とキスしたくないって思いました」(27歳/営業)

とにかく舐めるのが好き、っていう男性もいますよね。

あまりにベロベロ体中を舐めまわされるのって、確かにドン引きしてしまいます。

不幸にも彼がそんなタイプだというあなたは「誘導作戦」でいきましょう!

彼の手を触れてほしい部分へと導いて、耳元でセクシーに「ここを触ってほしいの」と伝えてみて。

彼の頬を両手で挟んで「このまま私の顔を見つめていて」と言ってみるのも有効です。

とにかく激しすぎる

「彼、挿入したときに、とにかく荒々しく突けばいいと思ってるみたいで、ものすごく激しく腰を振ってくるんです。
たまに痛みを感じるし、とにかくやめてほしい」(26歳/イベント会社勤務)

「壊れるんじゃないかってくらい激しく突いてくる男はドン引き。
そういう人に限って前戯も荒っぽくて痛いだけ」(27歳/化粧品販売)

男らしさを見せつけるかのように、激しく突いてこられると、気持いいどころか、ただ痛いだけですよね。

しかし、悲しいかな世の中には「女性は激しくされるのが好き」と思いこんでいる男性は一定数いるのです。

そんな彼には「ゆっくり感じたいの」などと伝えてみましょう。

また、本当に気持ちいときだけ「気持ちいい」と言って、激しくされたときは、演技でも喘ぎ声をあげないなど、反応をわかりやすくするのもいいでしょう。

終わりに

愛する彼がドン引きテクの持ち主なら、早急に解決することが大切。

エッチが苦痛になってしまう前に、対応策を考えましょう!思い切って正直に話すのもありです。

そのときは相手のプライドを傷つけないよう気を付けてくださいね。

(オトナの恋カツ編集部)