彼にどれだけ愛されているか不安になる時の愛され度チェック

生活の中で、自分がなにを大切にしているかは、どんなことに多くの時間を使っているかでわかります。

実はコレ、恋愛においても同じこと! 彼との○○の時間を計れば、愛され度が見えてくるはずですよ!

彼にどれだけ愛されているか不安になる時の愛され度チェック

H前後に話す時間

H前の時間と、Hが終わった時間にどれだけ話しているかは、ただ性欲を満たす以外の気持ちが反映されるため、愛され度を検証するのにうってつけの判断材料です。

Hの前は、少しずついい雰囲気を作っていくもの。

ときには本能のまま、強引気味に求められるのもいいかもしれませんが、基本的にはゆっくり愛をささやき合う時間。

そしてHの後は、お互いに体の欲求は満たされ、純粋に愛している気持ちを再確認する時間。

特に男性の性欲は熱しやすく冷めやすいため、H前後に話す時間をとってくれているか否かは、愛され度に比例することが多いのです。

H以外で身体に触れる時間

普段のデートのときはもちろん、おうちで一緒にいるときやふたりで映画やテレビを見ているときなど、彼とどのくらいくっついていますか?

髪を触ったり、頭をなでてくれたり。ほほに触れる、手指を触るなどはどうでしょう?

たとえば、かわいい動物や赤ちゃんは、反射的に触ったりなでたりしたくなりますよね。

愛おしく思ってくれているなら、彼も同じように、あなたに触れてくれるはずです。

加えて、触れることは言葉では伝えられない温もりやメッセージを伝える意味でも◎

最近触れ合いが少ないと感じているなら、こちらからアクションを起こすのもおすすめですよ。

一緒にいるときに話す時間

デートもしているし、おうちで一緒にいることも多いのに、そういえば会話が減っている……なんてことはありませんか?

一緒にいるときに、ちゃんと「コミュニケーション」できているかどうかは、愛され度に比例します。

注意したいのは、おしゃべりをしているとしても、自分ばかりがしゃべっていないかどうか。

彼がただ相槌をうつだけだったり、なにか見ながら「ふ~ん」「あ~そうなんだ」しか言っていなかったり……というのであれば話しているとは見なせません。

一方通行ではなく、しっかり双方向でコミュニケーションをとることが大切です。

もちろん、一般的に女性のほうがおしゃべりですので、話すボリュームが偏るのは仕方ないことですが、彼にもちゃんと思っていることや最近の出来事、興味のあることなどを話してもらいましょう。

もちろんこちらから聞く形でもOK。会話する時間を意識的に増やしてみてくださいね!

おわりに

おしゃべりしたり、触れられたりする時間が「幸せ」と感じる時間であることが大切ですが、じっくりゆっくり時間をとってくれる彼なら、きっと、あなたのことを愛おしく感じてくれているはず!

みなさんも彼との時間を思い出して、愛され度を測ってみてはいかがでしょう?

(山田あいこ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)