一般的な見解としては、男性はエッチの後、冷たくなるのが普通と言われています。それは女性も承知済み。

でも、なかにはとても優しく接してくれる紳士的な方もいます。そんな男性に、女性はクラッとしてしまいますが、果たしてそれは本心からの優しさなのでしょうか。

今回は、男性のホンネについて研鑽を深めてきた筆者が“エッチ後の男の優しさに隠された心理”についてご紹介します。

「セフレにしたい」と思っている

エッチの後に優しくすれば、女性としては惹かれてしまうのは当然です。

その感情を利用して、都合の良い女にしてしまおうと企む男性も少なくありません。

優しい対応を受け、女性はいいように手なずけられてしまう。そして、いつの間にか離れられなくなってしまいます。

そうなっては、もう手遅れ。

相手の思い通りになる前に、本心を見極める必要があります。

「申し訳ない」という感情から

男性は、好きではない女性ともエッチが可能です。

でも、そういった場合に後悔や罪悪感といった感情が芽生えます。すると、どうしても優しく接しなければいけないという感情が湧いてきます。

相手に優しくすることで、自分を許している。それはつまり、自分への優しさ。

女性に対して向けられているものではないので、勘違いしてはいけません。

「誰にでも優しい」タイプである

エッチ後にあなたに対して優しく接してくれたとしても、それが特別な感情ではない場合もあります。

誰に対しても分け隔てなく接するタイプの男性であるなら、十分にあり得ることです。

そんな男性は、もちろん人間的に素晴らしいですし、関係を続けていくぶんには問題ありません。

ただ、人はだんだん贅沢を言い始めるもの。自分にだけ優しくして欲しいと思うでしょう。のちのち激しい嫉妬にかられることになるかもしれません。

「良い人アピール」のため

優しく接することで、自分は良い人であるとアピール。

今回の一件は、自分だけの責任ではなく、お互いに非があったという雰囲気にもっていく男性もいます。

女性としても、「自分にも責任はある」という思いもあるので、そこをうまく突かれてしまう訳です。

するともう、相手を責めることができない。なんだか納得がいかないまま、丸め込まれた形で何もなかったような関係を続けていくことになります。

優しさは鵜呑みにしないほうがいいかも?

男性の優しさを鵜呑みにしてしまうと、のちのち苦労することになる場合もあります。

その裏に隠された心情は何なのか。なるべく冷静な目で、見極めるようにしてください。

(大木アンヌ/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)