セックスとは最高の愛情表現ですから、男も女も産まれたままの姿で、自分なりに精一杯の愛を伝えるはずです。

けれど、そのアピールとやり方が見当違いで、「気持ち良くない」と感じたとしても、仕方ないと我慢することはありません。

では、どうすれば改善してもらえるのでしょうか?

さりげなく「してほしい」アピール

女性からセックスに注文をつけるのは気後れする人も多いかもしれません。

しかし、自分の不満や悲しさを言わずに気づいてもらおうとするのは難しいと思った方が良さそうです。

特に、一方的なセックスをしがちな男性は、ちょっと鈍感だったり、気が利かないところがあったりするので、言いたいことがあるなら言うしかないでしょう。

明確な言葉で言うのは気が引ける場合、「もっとして」「もう少し下」「ゆっくり」「そこ、違う」などでも構いません。要は彼に意志が伝わればいいので、遠回しな表現でも良いと思います。

行為の最中であれば、さすがに察してくれるはずです。

また、彼の手を取って触れてほしい場所に誘うとか、あまり強く責めないでほしい時はやさしく手を握って制止するなど、身体でアピールすることもできるはず。

首を振る・頷く、だけでも意志は伝わるはずです。

正直に話してみる

付き合いが長い彼氏や、交際当初からフランクなムードで付き合えている相手の場合、正直な気持ちを伝えるのも良いでしょう。

ただし、一方的な文句にならないことが大事です。

「アンタのこんな愛撫が良くない。イクまで短い!」ではなく、「私はこういう愛撫が好き。時間をかけてじっくり愛されるのが気持ち良い」と、自分の好みや希望を伝えるのです。

続けて、「だから、次は私が気持ち良いと思うセックスをしてね」というおねだりをすれば、彼氏をガッカリさせずに済みます。

男性のほとんどは、自分のセックスがそこそこイケてると思っていますので、けなす言葉をいえば自信を奪いますし、険悪なムードが漂います。

彼氏の自尊心を傷つけずに改善を促すことが重要でしょう。

アダルトビデオを使う

女性がアダルトビデオを持ちだすのは結構勇気がいると思いますが、自分がしてほしいプレイを行っている作品があれば、それを「一緒に観よう」と言うのも一つの手です。

彼と二人で観ながら、「私もこんな風にされたい」と呟けば、その通りのエッチをしてみようと彼氏も思うはずです。

あるいは、彼氏が持つアダルトビデオにツッコミを入れつつ、「こういうのもアリかもしれないけど、私はもっとこうしてほしい」「でも、私はこうされるのが好きだな」などと自分の好みを言うとか。

彼との間にオープンなムードがあるなら、あっけらかんとエッチなビデオ・本をネタにして良いと思います。

おわりに

不満や希望を言わずに察してもらおうとするのは、まず無理と考えるべきです。

そして、不満の多いセックスを続ければ、愛も冷めると考えて、我慢はしない方が良いでしょう。

話題にしがたい内容だからこそ、正直に伝えれば彼との関係もぐんと深まるかもしれませんし、慣れた仲であれば愛が再燃するかもしれません。

エッチの悩みを正直に伝えることが、彼の愛を試すカギにもなるでしょう。

(沙木貴咲/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)