「彼に言葉責めをして欲しいと言われた」
「言葉責めに挑戦してもっとエッチを盛り上げたい」

言葉責めといってもそもそも何を言えば良いのかさっぱりわからない人は多いのではないでしょうか?

男性は、余程わざとらしい言葉責めではない限り、彼女との行為の最中に言葉をかけてもらえるのは嬉しいものです。

そこで今回は、言葉責めにはどういった魅力があって、具体的にどういった言葉責めが有効かを具体例を挙げながら紹介していきます。

言葉責めに挑戦してみたい人は、ぜひ読んでみてください。

言葉責めとは?

まずは言葉責めについて簡単に解説します。

言葉責めとは、彼とのセックスの最中にいやらしい言葉や興奮するような言葉をかけることでより気持ちを盛り上げるためのものです。

言葉責めと聞くとSMの女王様をイメージして、「この汚い豚が!」なんてものを想像する人もいますが、何も罵倒するだけが言葉責めではありません。

相手の気分を上げてより興奮させるのが言葉責めなので、シンプルに「好き」と目を見て伝えて盛り上がるのであればそれが一番です。

しかし、付き合いが長いカップルだからこそシンプルなだけでは盛り上がりにくいのも実情です。

そんなカップルは、ちょっとひねった、そして相手と自分のキャラクターを考えた上での言葉責めができるとベストですね。

言葉責めの魅力(男性心理)


ではそもそも、言葉責めをされた時の男性はどういった心理になるのでしょうか?

多くの人に当てはまるものをピックアップしてまとめました。

スイッチが入る

言葉責めをされることで、スイッチが入る男性は多くいます。

男性は視覚と触覚によって興奮して勃起状態になりますが、勃起しているからといって脳のスイッチが完全に入っているとは限りません。

ただ、勃起状態の時にツボを突くような言葉責めをされると一気にスイッチが入ります。彼を興奮させてより激しいセックスがしたいのであれば、言葉責めは有効です。

興奮している彼女を見て興奮する

男性は、言葉責めをしている彼女の姿を見て興奮する人がいます。

言葉責めの内容以上に、自分の彼女が一生懸命言葉責めをしている姿に興奮する意味合いが大きいのでしょう。

相手を興奮させようとする姿や、セックスに没頭している姿が見れるのが彼としては嬉しく、サービス精神を感じる人もいます。

M心がくすぐられる

自分がMなのかSなのか分かっていない男性や、本当はMなのに気付いていない男性からしたら、「アレ?なんかすごく興奮する……」とM心がくすぐられ、開花することもあります。

また、Sの人にもMの部分は持ち合わせているもの。

仮に普段Sとして責めてくれている彼に言葉責めをしてあげることで新しい一面が見れるかもしれません。

甘えたくなる

男性の中には言葉責めされると、相手の女性に甘えたくなってしまう人がいます。

これは、主導権を相手が握っている状況が心地よく、身を任せてしまいたいと感じてしまうためです。

そのため、男性が自分に甘えてくる姿にドキドキしたい女性や、なかなか心を許してくれる瞬間が少ない男性には、言葉責めは特に有効です。

ギャップにドキドキする

言葉責めが効果的なのはギャップです。

普段いやらしい素振りを見せない彼女が吐息混じりの言葉責めをしてきたら、多くの男性はギャップにより大興奮するでしょう。

ギャップは激しければ激しいほど良いわけではありません。あまりにミスマッチすぎると違和感が勝ってしまい、興奮の妨げになるためです。

SMクラブにならないよう、ソフトな言葉や甘い言葉を使えばギャップが激しくなりすぎること間違いなし。

頑張って言ってる感が出すぎていて冷静になった

男性によっては、言葉責めに対して「頑張ってる感」を見抜かれてしまい、逆に冷静にさせてしまうことも考えられます。

例えば言葉責めをしながら緊張して声が震えてしまったり、噛んでしまったりしては、いやらしい気持ちになれないですよね。

どうしても緊張しがちで上手く言えるか不安な人は、言葉責めを使って誘惑や挑発をするのではなく、かわいい感じで甘える言葉をかけてみましょう。

かわいい路線での言葉責めなら、多少噛んでも言葉が震えていても問題ありません。

AVの見すぎだと思った

男性によっては、「AVの見すぎ……」としか思われないケースもあります。原因は痛いセリフやあまりにも演技っぽい雰囲気などが挙げられます。

AVを見て勉強するのは非常に重要で、多くのことが学べます。しかし、AVで見たことをそっくりそのままやろうとしてしまうと引かれてしまう場合も……。

そうならないように次のページで絶妙なラインの具体的なセリフを紹介しています。

言葉責めの具体例10選(セリフ集)


ここからは、言葉責めで使えるセリフを具体的に紹介していきます。

誘惑系、かわいい系、罵倒系の3つに分けて紹介するので、自分と相手の関係性やキャラクターに合わせて使い分けましょう。

誘惑系

最初に紹介するのが誘惑系です。この誘惑系が、最も男性の好む言葉責めです。

しっとりとした声と余裕の表情をセットで言うことで威力が倍増します。

何して欲しいの?

彼を見つめながら、「何して欲しいの?」と聞いてみましょう。

彼に覆い被さったり、下半身を撫でながら言うことで更に魅力はアップするはずです。

口元を緩めて嬉しそうに言うのがポイント。素直に答えてくれた場合は彼のして欲しいお願いを叶えてあげましょう。

大きくなってるよ・先が濡れてきてるね

彼のペニスをさすりながら、「大きくなってるよ」と声をかけるだけで興奮度は倍増します。

耳元で言えれば尚良しですね。シンプルですがいやらしく、AVっぽさがありそうでそこまでない絶妙な言葉責めです。

まだダメ

小悪魔女子になった気分で、「まだダメ」と焦らすことで、より興奮は加速します。

焦らされることによって、早くしたい、もっとしたいという気持ちが強まるためです。

相手を焦らして前戯を長く取ることで、挿入時の感度が上がります。上手くコントロールして、主導権を握ってしまいましょう。

私のことも気持ち良くして

男性のことを責めるのが苦手な人は、「私のことも気持ち良くして」とアピールしてみましょう。積極的なお願いをされて嬉しくない男性はいません。

いやらしく責め立てるだけが言葉責めではありません。かわいらしい言葉で彼を興奮させられればOKなので、工夫してみましょう。

甘える系

いやらしい言葉で誘惑するのが苦手な人や、AVっぽい言い回しに引かれてしまわないか心配な人は、かわいらしく甘えるタイプの言葉責めを意識してみましょう。

普段クールな振る舞いが多い人も、ギャップで興奮させられるのでおすすめです。

いっぱいして?

あえて何をとははっきり言わずに、「いっぱいして?」と切ない表情で伝えてみましょう。

ポイントは疑問形で語尾を上げて、かわいらしく言うこと。彼のS心に火を点けて普段以上に盛り上がるはず。

今日は何してくれるの?

挑発するような表情と期待を込めた純粋な表情を半々にして、「今日は何してくれるの?」と聞いてみましょう。

彼がセックスが好きでこだわりがある人なら、ちょっと変わった体位や普段とは違う前戯で楽しませてくれる確率が上がります。

好きにしていいよ

久しぶりに会えて、彼がしたくてたまらない様子なのであれば、「好きにしていいよ」と伝えてあげましょう。

落ち着いたトーンで言い放ってしまうとまるで人形の様になってしまうので、耳元で興奮して息が上がった状態で言うのがベスト。

早く入れて

「早く入れて」はシンプルですが効果が期待できる興奮ワード。

「早く終わらせたい」ではなく、入れてほしくて堪らない様子を伝えるためにも、懇願する表情で言えると効果的。

自ら挿入しやすいポーズを取ることで、彼をより興奮させられるでしょう。

罵倒系(煽り系)

3つ目に紹介するのが罵倒系の言葉責めです。

一歩間違うと引かれてしまう可能性があるのもの、ドM男性からしたら最高に興奮するのがこれらの言葉責め。彼にMの気質がある場合、少しずつ試してみましょう。

変態!

たった一言ですが、言い方のバリエーションと普段のキャラクターによって幅広い相手に刺さります。

強めに「変態!」と責めるのも良いですし、微笑みながら余裕の表情で言うのも良いでしょう。

相手が強めのMだった場合は、見下す様な視線を送ってあげると喜ぶかもしれません。

おねだりしてみてよ

「何してほしいの?おねだりしてみてよ」と上から目線で責めることで、ドM男性の心は完全に掴めまるでしょう。

男性が素直に答えても簡単には応じずに、何度か聞き返して羞恥心を煽るのも良いですね。

相手に何度もお願いをさせて、敬語を使うように命令できれば、完全に主従関係が出来上がります。

これがいいの?

フェラや手での愛撫をしながら、感じる姿が見えたら「これがいいの?」と煽ってみましょう。

シンプルな一言ですが男性は羞恥心を煽られながらも包容力を感じて、甘えたい感情が湧き上がるはず。

子ども扱いをするように言うことで、より効果的になります。

恥ずかしくないの?

恥ずかしい姿勢やあえぎ声を出した瞬間に、「恥ずかしくないの?」と煽りましょう。M男性は恥ずかしさを煽られる感覚がツボなので、より興奮度が増します。

普段は弱みを見せない、意地っ張りで男らしい男性に意外と刺さりますよ。

女性が言われて濡れた言葉責め体験談


最後に、女性が言われて興奮した言葉責め体験談を集めました。

もうこんなになってるじゃん

「彼と昼から1日デートをして、夜にやっと部屋で2人きりになった瞬間、お互いに見つめ合って長いキスをしました。
そのままシャワーも浴びずに体を触り合っていたのですが、下着の中に手を入れられて、
『もうこんなになってるじゃん』と言われたときは恥ずかしさと興奮が交じり合って濡れました(笑)」(21歳・女性・大学生)

(筆者コメント・考察)少し上から目線で来られるのが嬉しい人は多いですよね。普段から彼を持ち上げていると言ってもらいやすいかもしれません。

こっち見て

「セックスの経験が少ないわけではないものの、つい恥ずかしくて下を向いてしまいます。
そんなときに『こっち見て』とグイっと目を合わせられ、ドキドキしました。」(23歳・女性・事務職)

(筆者コメント・考察)恥じらう姿に興奮する男性は多くいます。彼を恥じらいながら彼を焦らすことで言ってもらいやすくなるはず。

すごく綺麗だよ

「すごくシンプルなんですが、直球ですごく綺麗だと言ってもらえた時は嬉しかったしほっとしたし興奮しました。
体に自信があるわけで尚更でした。」(28歳・女性・看護)

(筆者コメント・考察)「ただ褒めるだけでも、意外と言葉責めとしては機能します。こちらから積極的に褒めるのを意識することが重要です。」

変態だな

「体を震わせてイってしまった後、怪しく笑いながら言われてドキドキしました。
羞恥心が煽られて、頭がぼーっとしました」(31歳・女性・ライター)

(筆者コメント・考察)「これは女性がそのまま言っても彼を興奮させられそうなセリフですよね。タイミングが合えば興奮度が増すはず。」

感じてるんだね

「丁寧に愛撫しながら、優しく『感じてるんだ』って言われたときはゾクっとしました。
大事にされてる感が伝わってきた」(27歳・女性・飲食店経営)

(筆者コメント・考察)「言葉責めで良いのは、大事にしてる感や愛情を伝えながら盛り上がれることではないでしょうか?優しく言うことで大事にしている感じが伝えられそうです。」

まとめ

今回は、言葉責めの男性心理をまとめ、具体例と共に言葉責めの方法を紹介していきました。

言葉責めと言ってもSM的なプレイをする必要はなく、微笑みながら愛情を伝えるだけでもOKです。これは言葉責めが、相手の気持ちを盛り上げることだから。

ただ彼の性癖によっては強めに罵倒する方が盛り上がることもあります。行為の最中によく観察して、どんな言葉を言えば喜ぶか考えてみましょう。

(オトナの恋カツ編集部