「わたしばっかり触ってもらうのも悪いし」
「彼にも気持ちよくなってもらいたい」

と思って愛撫をしているのに、彼の反応が微妙な気がする……。

もしかしたら、本当にあなたの愛撫が気持ちよくないのかもしれません。

この記事では、女性から男性への愛撫の種類と女性からの愛撫に対する男性陣の本音、彼に「気持ちいい」と言ってもらえるテクニックについて紹介します。

愛撫とは?

愛撫というと男性から女性にするものと思いがちですが、女性から男性に対してする愛撫もあります。

そもそも愛撫とは「愛情を込めて優しく触ったりすること」。そのため、好きな人に「気持ちよくなってもらいたい」「私も触りたい」と思うことは自然なことです。

AVでは男性が女性に「して(しろ)」とさせることが多いですが、セックスを楽しんでいる男女では、「私もする(したい)」と男性へ愛撫するのは普通のこと。

男性の愛撫を受けるばかりで自分から何もしないと「マグロ」と言われてしまうこともあるんですよ!

愛撫の種類


女性に比べて、男性は性器周辺以外の性感帯が少ないと言われています。BL系のAVを見ても攻める側が性器周辺以外の部分を攻めているところってあまり見かけないですよね?

男性の性感帯と思われている乳首についても「乳首はくすぐったいだけなので、いじられても我慢してる」という男性も……。

全ての男性が感じてくれるというわけではないですが、一般的に「男性の性感帯(=彼が喜んでくれるポイント)」を紹介します。

彼の反応を見ながら、気持ちいいポイントを探してみてくださいね。

フェラ

女性が男性器を口にくわえて舐めたり、しゃぶったり、吸ったりするのがフェラ。男性器を直接刺激するので、フェラチオで感じない男性はまずいません。

たまに「気持ちはいいけれど、汚いところだしフェラの後はキスしたくなくなる」という男性もいますが、本当にレアケース。

あなたが、男性器を口にふくむのが嫌でなければ積極的に取り入れたい愛撫です。

唾液をたっぷり使ってじっくり舐めれば、次に紹介する手コキもやりやすくなりますよ。

手コキ

手コキ(手淫)は、男性器を手で握り、上下にさすったり、亀頭を撫でたりして刺激する愛撫です。男性がやるオナニーを女性がやってあげるといえばわかりやすいでしょうか。

いきなり握り締めて擦ると「摩擦でいたい」という人が多いので、フェラと併用するかローションを使って滑りをよくしてからやるのがベター。

男性のデリケートな部分を手で握るので「力加減がわからない」という人もいますが、気持ちいいという加減は人それぞれ。

力強く握りすぎて痛がられるよりは「これくらい?」「ちゃんと気持ちいい?」と聞きながら調整していくのがいいかも。

唇・耳

唇はディープキスで、耳は耳を舐めたり息を吹きかけたり・吸ったり、囁くと感じてもらえることが多いです。

キスの好みは人それぞれなので、彼の反応をみながら舌であちこち探ってみてください。

歯や歯茎を舐められるのが好きな人、舌を強く絡ませるのが感じる人、唾液を交換し合うのがグッとくる人など様々です。

耳を攻めるときは、彼がピアスをしてるかどうかにだけ注意して。開けたばかりのピアス穴は雑菌厳禁。

「最近、新しく開けた」という彼はもちろん、穴を開けてからしばらく経っていても舐め回すのは避けたほうがいいでしょう。

そんなときは、優しく息を吹きかけたり、耳元でそっと息を吸い込んだりしてみてくださいね。

乳首

乳首は、「乳首は感じるでしょ!」と安易に舐めると嫌な顔をされることがあるので注意したいですね。

実は、「乳首、舐められてもくすぐったいだけで」「一生懸命やってくれているから必死に我慢してますよ(笑)」という男性、意外に多いんです……。

女性も開発前のスパンキング(尻叩き)は痛いだけですし、アナルも未開発のうちは「なんか入ってくる」という感覚しかないですよね。

男性の乳首も一緒で感じてもらうためには開発が必要な場合がほとんど。

「反応が微妙だな」と思ったら、徐々に開発していくつもりで触りましょう。口を使って優しく舐める・吸うから、指でつまむくらいまで開発できれば上々です。

手・指・足

指フェラという言葉があるように、手や足と指への刺激で気持ちよくなってもらえることがあります。

これも男性によって「感じる・感じない」の差が大きいのですが、好きな人はすごく好き。

足や足の指先を舐めるのはハードルが高めなので、まずは手のひらへのキスから手の指舐めにチャレンジしてみて。

指フェラに慣れてきたら、フェラのついでに太腿からひざ裏、足のほうへ舐めに進んでいくといいでしょう。

アナル・前立腺

アナルと前立腺への刺激は、風俗ではあるあるのサービスなんですが、女性から男性へやるのはかなりハードルが高いです。

とはいえ、アナルに指を入れて刺激する前立腺は「気が遠くなるくらい気持ちいい」のだとか。

アナルへの刺激は、アナル洗浄やローションの準備、コンドーム(爪が伸びていたりネイルが派手な場合)が必要になってきます。

いきなり指をズボッとされては彼もびっくりするでしょうから、彼に「挑戦してみたいんだけど……」と相談してからやってみましょう。

間違った愛撫の体験談と正しいテクニック


女性からの愛撫については、多くの男性が「一生懸命やってくれて嬉しい」「本当に気持ちよくてそのままイってしまいそうになる」と好感を持ってくれています。

ですが、「ごめん、それはちょっと……」なこともあります。

男性陣の「気持ちは嬉しいけど、かんべんして」なエピソードを聞いてきました。

手コキは力加減が重要!間違えると真顔になられちゃう

「気軽につかんでくるけど、そこが一番デリケート!!やさしく触って欲しい」
「強く握って擦ればいいってもんじゃない!皮だけつかんで上下しないでー!!」

手コキについての「やめて欲しい」を聞いたところ、こんな悲鳴が上がりました。

手コキで掴むのは、男性の一番大切な男性器。舌でぺろっと舐めるだけで気持ちいいくらい敏感なところを粗雑に扱っちゃダメですよね。

「いきなり強いとビクッとなるので、最初はスライムを触るような感じでやさしく触って欲しい」という意見、多かったです。

フェラは咥えればいいってものじゃない!?

「奥までグッとくわえるAVが多いから、そうしてくれてるのかもしれないけれど……。歯が当たって痛いんですよね……」
「くわえるときは、前歯を唇で覆うようにして、歯がサオにあたらないように配慮して欲しい」

AVでエッチのテクニックを勉強している女性も多いと思うのですが、AVは「男優の気持ちよさ」よりも「見ている人間がいかにヌけるか」に重きをおいているので、参考にならないポイントも多いんです。

フェラのやり方もその1つ。AVだと女優さんがそのまま口にくわえてジュブジュブしていますが、あれをそのままやってしまうと歯が当たって痛いんだそう。唇や舌で歯を覆って、男性器に歯があたらないようにするのは、かなり疲れますが、気をつけたいですね。

乳首は感じる人と感じない人の差が大きい

「今の彼女は真っ先に乳首を舐めにきますけど、僕、乳首はあんまり感じないんですよね……」

「彼に愛撫を」と思ったとき、いきなり男性器をしゃぶるのはちょっとと思ってしまうのは普通のこと。そんなときにいじりがちなのが乳首ですが、乳首は感じる男性と感じない男性の差が大きいみたいなんですよね……。

「AV女優になったつもりで、ちょっと演技してます」という男性もいましたので、本当に感じているかどうか様子をみておきたいポイントです。

タイミングを外したしつこいキスが嫌われるのは男女共通

キスは、タイミングを外すと「早く終わって欲しい」「もっと他に触って欲しいところがあるのに」になってしまいます。

雰囲気を読みながら、いいタイミングでしたいですね。自分がされているときに「もっと……」とおねだりしながら、攻め側にうつるのもアリですよ。

言葉責めは外すとムードが台無しに

セックスに慣れてくるとソフトSMを楽しむ人が増えますが、言葉責めやスパンキングは性癖を外すと地獄のようなムードになります。

「「感じる?」「もっとしたい?」くらいならよかったんですけど、いきなりどSっぽいセリフを言われて、思わず噴いてしまったことがあります……」

こんな体験談を寄せてくれた男性もいました。女性でも挿入時に「ほら。ご褒美だ」なんて言われて一気に冷めた経験のある人がいるんじゃないでしょうか。

言葉責め、けっこう難しいので安易に使うのはよした方がいいかもしれません。

AVの見過ぎ!彼の間違った愛撫はこうやって正して

女性から男性への愛撫の失敗談を見てきましたが、男性からの愛撫に「ちょっと待って!」といいたくなることもありますよね。

「何に影響されたのか、ガシガシと膣内を掃除するように激しくされたことがあって。翌日違和感を感じたので婦人科に言ったら「傷がすごいので、炎症に効くお薬処方しますね」って言われたんです」

「これが気持ちいい」と信じ込んでのセックスは、本番も愛撫も独りよがりになりがち。そんな「いや、気持ちよくないから」な愛撫をされたときは、指摘してあげましょう。

「それ、痛い」「もっとやさしくして」といった表現を使うと、快くなおしてくれますよ。

愛撫で使えるアイテム

エッチのときの愛撫で使えるアイテムを紹介します。

大人のおもちゃというと、女性がひとりエッチで使うか、男性が女性に使うものというイメージがありますが、男性に使っても全然大丈夫ですよ。上手に使いこなすことで、ラブタイムがより充実します!

エッチなお店に行かなくても、気軽に通販で購入できるので、彼と一緒に選んでもいいですよ。

男女共通で使える!ローション

Peace's(ピーシーズ)

参照:NLS
ローションは、充実したセックスライフを楽しむために1本は持っておきたいアイテムです。

女性への挿入時の滑りをよくするために使うだけでなく、男性への愛撫のこんなシーンで重宝します。

  • 手コキを始めるときの潤滑剤として
  • 味つき・匂い付きのローションを使ってフェラチオへの精神的負担が楽に
  • タマをいじるときの潤滑剤として
  • アナル開発のときに指につけて
  • ローションは、女性向けの化粧水のように肌にいい成分が入っているものが多いです。

    使うと肌にいいことがあるかもしれませんよ。

    >>潤滑ゼリー・ローションのおすすめはこちら

    ローター・マッサージ器は主に女性向け

    iroha zen

    参照:NLS
    スイッチを押すとブルブルと震えるローターやマッサージ器は、主に女性への愛撫に便利です。

    挿入しながらクリトリスを愛撫するときに使えば、両手をふさぐことなく愛撫できるメリットがありますよ。

    ただし、同じ場所に強くあてすぎると摩擦で皮が擦れて剥けてしまうことが……。ローションと併用するか、こまめに場所を移動するようにしましょう。

    男性にも使えなくはないのですが、ローターやマッサージ器を男性器に当てると玉袋が揺れて「痛い」という人も多いです。

    開発済みのアナルをいじるときに使うか、他の場所に当てるように使うのが無難でしょう。

    >>ローターの選び方・使い方を徹底解説!

    バイブやディルドはアナル開発済みの男性にも

    Primo(プリモ)

    参照:NLS
    男性器の形を模したバイブやディルドは、アナル開発済みの男性にも使えます。

    供用するのは衛生的に問題があるので、一緒に楽しみたいときは都度コンドームを入れ替えるか別のものを使うのがおすすめです。

    大きすぎるサイズを使うと、ガバガバになってしまったり、普通のプレイでいけなくなるのは男女共通なのでその点にも注意しましょう。

    >>バイブの選び方・使い方を徹底解説!

    SM系の道具はお互いが気持ちいい範囲で

    低温ろうそくや麻縄、簡易束縛器具、鞭、アナルプラグといったSM系の道具は、お互いが気持ちいい範囲で利用するといいでしょう。

    「慣れれば気持ちよくなるから」と、最初から全力で使うとそのまま音信不通になってしまうことも……。

    たとえば、同じ体の自由を奪うでも、麻縄の亀甲縛りに入る前に、ベリベリと剥がれる布テープ式のものから入ると受け入れてもらいやすいです。

    まとめ

    お互いに高めあってからするエッチは気持ちいいもの。

    愛撫というと男性から女性へというイメージもありますが、男性も数少ない性感帯をいじってあげれば、ちゃんと反応してくれます。

    彼の様子を見ながらじわじわと愛撫をマスターしていきたいですね。役立つアイテムも利用すれば、マンネリしないエッチが楽しめますよ。

    (オトナの恋カツ編集部)