皆さんが、「ちょっと興味があるけれど、私は体験することないだろうな……」と考えているプレイのひとつって、複数人でのプレイではありませんか?

2人、3人と同時にするなんて、どういう気分なんでしょうか……?

そこで今回は、そんなちょっぴりアブノーマルな体験をした女性に話しを聞いてみました。

複数プレイ体験

ハプニングバーで

「彼と飲みに行ったときのこと。酔っぱらった彼が『ハプバーに行ってみない?』って言ってきて、どんなバーかも知らずにノコノコついて行ったんです。

薄暗いお店の中では、あちこちでカップルがキスしたり、抱き合ったりしてて。

ちょっと帰りたくなったんですが、彼にキスされて、服を脱がされてしまいました。

そのまま、彼に抱かれていると、いつのまにか知らない男の人が私の体を触っていたんです。

私もさんざん酔ってたからもうイイや、と思って続行しました。正直、酔っぱらってたからできたことです」(26歳/美容師)

性的に色んな趣味をもつお客が集まり、文字通りハプニングを楽しむハプニングバー。

ぶっちゃけ、普通の生活をしていたらあまり縁のない世界ではあります。

しかし、もしあなたが複数の人と体験してみたい!と思うのなら、一番手っ取り早い場所かも。

酔った勢いで…

「男友達の家で男女10人くらいでホームパーティーをしていたんです。みんなお酒が入っちゃって、ベロベロ。

そしたら誰かが『王様ゲームをしよう』と言いだして、みんなノリでしようしよう!ってなって。

最初は普通の指令だったのに、だんだんと『5番と8番が10番の胸を触る』とかエッチな指令になってきて、最終的にあちこちでエッチが始まっちゃった」(25歳/会社員)

酔った勢いとは言え、まるでセクシービデオのシチュエーション。

これも若気の至りだと、懐かしく思い出す日が来るのでしょうか。いや、忘れたい記憶になるかな……。

それにしても、その友人グループのその後が激しく気になるところです。

後輩に頼まれて…

「大学のときなんですが、私、なぜかみんなに『遊んでる』って思われてたみたいで。

卒業を間近に控えたある日、ひとり暮らしの私の家に、サークルの後輩がふたりやって来たんです。

『何の用?』って聞いたら、『俺たち、20歳になってもまだ女性の体を知らないんです!どうしても最初は憧れの先輩としたくて……』って。

びっくりしたけど、ふたりの熱意に負けて、やってあげました」(27歳/会社受付)

「いや、やっちゃうって、遊び人やん!」っていうツッコミはおいといて、懇願されて思わずOKしちゃうなんて、さぞやルックスのいい後輩だったのでしょうね。

しかし、その後輩クン、一生忘れられないインパクトのあるエッチになったことでしょう。

禁断の扉開けてしまいますか?

複数プレイって、結構やろうと思えばやれるチャンスがあるものなんですね。

もし、あなたが複数のプレイに興味があるのなら、思い切って禁断の扉を開けてみるのもアリかもしれませんよ。

ただ、ノーマルな世界に戻ってこれるという保証はありません……。

(オトナの恋カツ編集部)