貧乳

おっぱいが小さいから、男性を満足させられない……。

そんな風に悩んでいるあなたに朗報です。世の中には、貧乳を武器にして男性を骨抜きにする女性がいるのです!

今回は、そんな女性と身も心もとろけるような体験をした男性の経験談をご紹介します。

ぜひ参考にして、魔性のテクを自分のものにしてみてください。

貧乳

胸と手のひらで…

「パイズリって、巨乳だけのテクニックだと思ってた僕。でも、今の彼女はいわゆる『ちっぱい』なんです。これじゃあパイズリなんて永遠にしてもらえないなぁ~なんて彼女に冗談めかして言ってたんです。

そしたら先日のエッチで彼女、僕のアソコを優しく手のひらで掴むと、アソコに乳首を押しつけて上下に動いてきたんです。ちょっと硬くなった乳首が刺激的ですごく気持ちよかったです」(27歳/プログラマー)

パイズリは巨乳だけの専売特許ではありません。貧乳だって、立派にパイズリできるのです。手と胸を駆使して、貧乳ならではのパイズリを披露しましょう。

徹底的に焦らされて

「とにかく貧乳がコンプレックスの彼女。エッチのときもなかなか胸を見せてくれないんです。しかも隠しながらも、少しでも胸を大きく見せようと寄せて谷間作ろうとするから、なんだかスゲーエロくて、余計に胸に目がいっちゃうんです。そんな彼女の恥じらいつつもセクシーな姿に、巨乳好きな僕が『貧乳もいいなぁ……』なんてすっかり洗脳されちゃいました(笑)」(30歳/書店員)

何も包み隠さず見せることだけが、おっぱい好きを満足させるわけではありません。恥じらいを持って、かつセクシーに隠して焦らして、彼の「見たい!」という欲望を刺激するのも魔性のテクニックです。

長時間パフパフが可能!

「パフパフってしってます?女性の胸の谷間に顔をうずめて、胸でおっぱいを挟んでもらうプレイ。実は俺、あれが大好きなんですよ~。巨乳の人にやってもらったら、もちろん気持ちいいんですが、息が苦しくて長くは続けられないんです。

その点、貧乳のパフパフは最高!僕が仰向けに寝転んで、彼女に上から胸を顔に押し付けてもらうんです。それならおっぱいの柔らかさも感じられるし、長時間してても息苦しくない(笑)。ホッペに乳首が当たる感覚もたまらないんだよね」(28歳/営業)

その昔、どこかの偉人が、「パフパフは男の夢とロマンである」と言って……はいませんが、男性はパフパフに憧れを持っているもの。貧乳だから、とあきらめず、貧乳だからこそできるパフパフを追求してみるのも、いいものです。

終わりに

貧乳のおっぱいだって、おっぱいはおっぱい。男性はちゃ~んと貧乳の良さも理解してくれてるんです。

さぁ、くよくよせずに、彼をメロメロにするテクニックに磨きをかけましょう。

(オトナの恋カツ編集部)