「俺としたら満足すると思うよ」とか「アッチには自信あるんだ」と言ってくる「自称・性の達人」は結構いますよね。

でも実際お手合わせしてみると、そうでもなくてがっかり……。

そんな話を女性会でよく聞きます。

確実に言えるであろうことは、エッチについて言葉は全く信用できないと言うこと。

そして上っ面だけ優しいふりをする人も多いので、会話だけではすぐに見分けるのは難しいかもしれません。

そこで今回は、普段の仕草や行動から、相手の男性が気遣い上手な「エッチエリート」かどうかを見分けるポイントをご紹介します。

気遣い上手な「エッチエリート」の見分け方って?

バッグや服を大切に扱う

「自分の荷物を床に置いたりする無頓着な人をみると、自分だけ気持よかったら満足、相手のことは気にしないっていうのがアリアリと見える」(26歳/アパレル)

「飲み会で、私のコートやバッグをとても丁寧に扱ってくれる男子をみると、自分も大事にされそうと思います。実際……そうでした(笑)」(27歳/販売)

言葉では「相手を大事にする」とはいくらでも言えるもの。

でも、普段の行動でボロが出ます。

相手の持ち物を相手そのもののように大事にできるか、それが一つの判断ポイント。

大事なバッグや服を丁寧に扱う気遣いができる人は間違いなく「エリート」でしょう。

爪を綺麗にしている

「爪が汚いやつって、何様って感じ。そんなので自分の大事なところを触られたくない。というのがホンネ。社会人としてもありえない」(28歳/美容)

「綺麗に磨かれているなめらかな爪を見ると、繊細に扱ってくれそう。大事にしてくれそう、という気がします」(29歳/携帯販売)

女性は爪を大事にしますが、男性にとっても爪は大事。

爪が汚なかったり(かじった跡なんて論外!)、手入れがされていないのは、相手のことを気遣えないサイン。

反対に、爪をしっかり手入れしている男性は、女性に対しての接し方も気を遣ってくれると言えます。

滑らかな爪をしている男性は、たいてい上手です。

いい匂いがする

「香水とかのにおいではないのだけれど、不快ではない男性のにおいというか、表現しづらいいいニオイがしますね」(35歳/広告代理店)

「汗臭いとか変なにおいがするとか、相手が自分のことをどう思うかを気にできないワガママ男。実際、ひとりよがりだった」(23歳/看護師)

自分では気づきづらい「自分の体のニオイ」に気づけるのは、相手を気遣えるかを図るバロメータに。

とは言え、香水のニオイがプンプンする、というのも繊細さに欠けます。

自分の体のニオイを不快ではないレベルに抑えながらも、嫌味がない感じに「仕上げる」。

文章ではなんとも表現しづらくて、ごめんなさい。

ほどよい体臭・ほどよい良い匂いがする男性は、間違いなく演出が上手と言えます。

気遣いができる男性はエリート!

些細な点に気遣いは出てきます。

気遣いができても、上手かどうかは保証はできません。

でも、少なくとも気遣いができない人は相手を満足させられないと思います。

ぜひ、男性のふとした行動をチェックしてみてくださいね。

(オトナの恋カツ編集部)