彼氏が早漏

いくら好きでも早漏な彼氏だと、欲求不満気味になる……。

そんな悩みを持つ女子たちに、必見のセックスで早漏な彼を長持ちさせる体位についてご紹介します。

早漏の彼氏

最も早漏になりやすい体位

早漏を助長する原因は、男性本位で絶頂に達して射精することにあります。

しかし、女性だって気持ちよくなりたいのに「三こすり半」の挿入時間の短いセックスは物足りない、という方も少なくはないでしょう。

早漏の方が最も刺激を受けやすい体位が「騎乗位」です。騎乗位は女性が主体となって腰を動かすので、男性のコントロールが効かずに早々と射精してしまう恐れがあります。

女性が上に乗っているというシチュエーション、表情、揺れる胸など視覚的刺激も多く、早漏を助長させやすい体位です。

どうしても彼が上に乗せたがるときは、自分では動かず、下から突き上げるように彼の方から腰を振ってもらいましょう。

早漏を防ぐために、できれば避けたい体位

早漏には避けたい体位

これを避ける方が難しいかもしれませんが、「正常位」も早漏な彼氏には命取りです。

男性が攻める形の体位ですので、その興奮を抑えることは不可能に近いでしょう。また、前傾姿勢になるので腰を動かしやすく、ペニスへの刺激も強い体位でもあります。

正常位で挿入したときは、彼をクールダウンさせてゆっくり腰を動かしてもらい、射精を長引かせてあげてみてください。

早漏気味な彼には、優しく「もう少し優しく動いて」と伝えます。ここでセクシーな言い方をすると、それも刺激になるので雰囲気を壊さない程度に普通っぽい、ウィスパーな声で言ってください。

射精をするだけがセックスじゃないと女性たちが思っているということに気づかせてあげましょう。

次のページでは、「早漏になりにくい体位」についてご紹介します。

早漏になりにくい体位

早漏になりにくい体位とは、どのようなものなのでしょうか?

背面側位

早漏になりにくい体位としてよく挙げられるのが、「背面側位」です。

お互い寝そべって女性の後ろから男性が挿入する体位で、腰を動かしにくいためペニスへの刺激も減らせ長持ちさせます。

男性から色んなところを愛撫してもらい、先にイかせてもらうのもいいかもしれません。

対面座位

男性のペニスを挿入したままお互いに向き合って座る「対面座位」も、早漏になりにくい体位としておすすめです。

早漏の男性の多くは「射精すること」に意識がいくあまりに早漏になりやすくなってしまっていることも多いもの。いったん「射精」から離れてもらい、キスや愛撫といった触れ合いを楽しみましょう。

バック

顔の表情や胸など欲情するポイントが少なく、男性が射精をコントロールしやすい体位が「バック」です。

視覚的刺激が少ない上、射精しそうになったら腰を止めて休むことができるので、早漏の方は改善トレーニングの一環として取り入れてみてください。

早漏トレーニング

早漏は彼自身も悩んでいる

女性が思っている以上に、早漏は男性にとって深い悩みのようです。変に慰めると彼を傷つけかねません。

セックスは欲求を解消するためだけのものじゃなく、愛を深めるためでもあることを彼氏としっかり話し合い、お互いが満足できる時間にしていきましょう!

早漏は必ず克服できますよ。

(オトナの恋カツ編集部)