今回は、男子が本命の彼女だけにやりがちなことに迫りたいと思います。

自分は彼に遊ばれているのか、本気で愛されているのか? どっち? と悩んでいるかたは、ぜひ参考になさってみてはいかがでしょうか。

さっそく見ていきましょう!

16

1:いつまでも脱がさない

「本命の彼女といざエッチ、ということになった場合、ぼくは彼女の洋服を脱がせるまでにかなり時間がかかります」(27歳男性/IT)

男子が持つ恥じらいって、相手の女性が好きであればあるほどたくさん出てくるものだろうと思います。

さっさと脱がせてさっさとやっちゃう……というのって、カップルで信頼関係ができあがれば可能でしょうけど、やっぱり最初は恥じらいが邪魔をして、なかなか彼女の洋服を脱がすタイミングがつかめない……こういうことではないでしょうか。

2:キスをしたらディープキス

「本命の彼女とキスをしたら、かならずディープキスになります。遊びのエッチのときって、ディープ、しないことのほうが多いです」(25歳男性/教材販売)

本気で好き! という気持ちを相手にぶつけようと思えば、おのずとディープキスになるのではないでしょうか。

3:目隠し

「本命の彼女のアソコをガン見したいので、ぼくは本命の彼女に目隠しをします。目隠しをしないままアソコをガン見しようとしたら、彼女、恥ずかしがって手で隠してしまって見せてくれないのです」(26歳男性/飲食)

男子って、大好きな彼女のアソコをガン見したいと思っているものです。

アソコと乳首とすっぴん、この3つを、男は見たいのです。スケベだから見たいのか?

それもあると思いますが、男子って「正解」を知ると安心する、ということもあろうかと。

以下も似たようなパターンです。

4:部屋を暗くしない

「本命の彼女とのエッチですか? 部屋を暗くしてほしいと彼女が言っても、暗くしないです。だって見たいじゃないですか」(28歳男性/広告)

ま、上記3におなじってことですよね。

おわりに

本気で好きになってしまえば、燃え上がるような気持ちをどうにか相手に伝えたいと思う、あるいは本気の愛を確認しあいたい、あるいは愛が消えてゆかないことを切に祈る……男女ともに、こういう心理があるように思います。

だから男子は、本気で愛している彼女に対して、恥じらいを持つし、キスをしたらとことんディープになるし……(以下省略)。

ということで、ご紹介した4つの例示を、彼はあなたのことを本命の彼女と思っているのかどうかの、ひとつのものさしにしてみてはいかがでしょうか?

(ひとみしょう/ライター)

(オトナの恋カツ編集部)