男女ともに「自分のあれの味」って、自分ではよくわかっていないのではないかと思います。

男子がドバっと出したものをお口に含む女子がいて、そのお口とキスをすると「共食い」になるので、キスをしたくない……こういうことを考えている男子は「自分のあれの味」を知らないでしょう。

さて今回は、男子が明かした「女子のアソコの味」についてご紹介します。
さっそく見ていきましょう!

アソコの味

アソコの味1:切って3時間くらい経ったレモンの味

「彼女のアソコの味って、酸っぱいです。新鮮なレモンの味ではなく、ほら、合コンなんかで、切ってから時間が経ったレモンをから揚げに絞ったりするでしょ? なんかそんな酸っぱさです」(25歳・IT)

味覚って、人それぞれなので、そんなに酸っぱいのかなあ? とか、そこまで酸っぱいということもないのかなあとか、いろんなご意見が出てきそうですが、まぁちょっと酸っぱいのだろうってことで……。

 

アソコの味2:甘くないヨーグルトの味

「砂糖が入っていないヨーグルトって、ありますよね? 彼女のアソコの味にそっくりです」(27歳・飲食)

こちらは以下の証言と一緒にコメントしたいと思います。

 

アソコの味3:鉛筆の芯みたいな味

「鉛筆の芯みたいな味の女子がいました」(26歳・教材販売)

鉄っぽいということなのでしょうか?
これを言うなら、石を舐めたときの味とか、そういうご意見も出てきそうですが、鉛筆とか石って、ふつうは舐めないですしねえ。
味のないヨーグルトも、おそらく鉄っぽいということでしょうか?

 

アソコの味4:とくに味はしない

「今の彼女のアソコは、とくに味はしません」(28歳・広告)

味がしない、というのは、たとえばタバコの吸いすぎで、味覚音痴になっているからではなくて?
でも、味がしない、と証言した男子もちゃんといましたので、ここに紹介しておきます。

 

いかがでしたか?

アソコの色や形が人それぞれであるように、アソコの味も、きっと人それぞれなのでしょう。
体調によって味が変化する……こういうこともあるかと思います。
ちなみに女子に聞いた「男子のアレの味」は、にがい、しょっぱい、甘い、さまざまでした。
甘いってのは、糖尿病ではなくて?

専門家が電話やメールであなたの悩みを解決します!

オトナの恋愛でのトラブル、誰にも相談できない悩みがある時は、専門家に直接相談してみませんか?

秘密厳守。電話やメールで、専門家があなたの悩みにアドバイスをします。

愛カツの電話相談・メール相談を利用してみたい方はこちらから